パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


宝塚星組公演「花の踊り絵巻」「愛と青春の旅立ち」

こんばんは、オネーギン轟でございます。
今回観劇したのが星組公演「花の踊り絵巻」「愛と青春の旅立ち」でございます。
前半がショーです。実はアタシ、和物のショーが実は大好き。
しかし和物はなぜか客入りが悪いそうで。理由は知らないんだけど、多分、宝塚ファンはベルばらと言った、中世ヨーロッパなどの洋風ゴージャス好きが多いのかも。

その客入りの悪い和物なんだけど。それにも関わらず衣装代が高いらしい。洋物より和服の方がやっぱりコスト面が悪いみたい。そして舞台セットには必ず四季感を出す為、非常に華やかでゴージャス。金は掛かるわ、客入り悪いわで、宝塚的に良いとこなしの和物なんだけど、和物を完全になくすと、松本悠里さんの仕事が無くなるんで、定期的に和物を挟み込んでるのかも。
ちなみにアタシ、松本悠里さんが怖いです。
なんか・・・




「髪の毛の伸びる松本悠里」



って感じがするのよ(泣)
切っても切っても、なぜかどんどん生えてくる髪の毛・・・怖いわッ!!

席は、ぶっちゃけ前すぎるSS席よりセンターブロック後方か、2階席前列がお勧めだわ。全体が見えて、とてもキレイ。音もその方が良いような気が・・・

そして後半のミュージカル「愛と青春の旅立ち」なんだけど。アタシ、映画の方は見たことなくって、兵隊の訓練の話し。
感動して泣いちゃいました。てか、内容がかすかに今の自分とシンクロしちゃたとこがあって、それも相乗効果してたわ。
え?どのシーンがって?
・・・そうね。紅ゆずるが頭狂しくなって、どっか行くシーンかしら?
そういや、前回、紅ゆずるさんを見たのが、バウでの「リラ壁」
それでも頭狂しくなってはったわね。すっかりアタシの中で「ゆずるさんは、狂ってるのがデフォルト」になっちゃってるんだけど、私生活は大丈夫なのかしら?
と思うほどの名演技だったわ。
柚希礼音さんも、今時珍しく(?)実力派で。なによりも美弥るりかさんが見られて、満足だったわ。

コメント