パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


今度の部族は地球をTENGAにするアフリカの部族


こんばんは、尚すみれでございます。
以前パプアニューギニアの、年上男性とゲイセックスをする儀式のあるサンビア族を紹介したんだけど。今度はアフリカの部族で、豊作を願う儀式として川に精液を流したり、大地に穴を掘って、それにペニスを挿入し射精したりする部族を見つけたので、それの紹介よ♪

と言っても情報が全く分からず、ただ動画のリンクを貼ることしかできないです。

ちなみに前回のサンビア族の記事はこちら↓

パプアニューギニアのサンビア族
http://yumemishi.blogspot.jp/2012/01/blog-post_07.html

サンビア族の成人の儀式の動画(閲覧注意)
http://yumemishi.blogspot.jp/2014/06/blog-post_15.html







サンビア族のときもそうだったんだけど、とにかく動画が古くて汚い。関心のイチモツもほとんど一瞬のチラリズムで全く萌えないわ。

映像は部族の男性陣が竹で作ったオリジナルオナホールを使ってマスターベーションしたり。大地に穴掘って、地球をTENGAにしたりと。とにかくマザーアースを犯しまくり。
どうも豊作祈願らしいんだけど・・・
なんしか、情報不足で、部族名も国も分からなかったわ。

動画はこちら↓

この手の部族系の動画が軒並み古い映像しか残ってないってことは、文明化が進んで、こういった儀式的なことや、ファッションなんかは滅んでしまったのかしら?

よく言うわよね。テレビが来た時だけ昔ながらの伝統的な格好をして、帰ったら普通に服着てiPhoneでツムツムしてるとか。

それで最近、部族系男子を色々見て思ったんだけど、みんなイチモツスティクが小さいのよね。前回のサンビア族もミクロネシア系だし、今回なんてそのまんまアフリカ系。普通ならアジア人より大きい筈なんだけど、どう考えても、アタシが今まで咥えてきた100万本のスティックの統計値からしてもかなりの平均以下だわ。

私が思うには、情報量のはるかに多い文明人は、思春期には猿のようにカクんだと思うわ。カケばカクほど体はその部分を強化していくわけ。しかも成長期に。アタシなんて、思春期から今現在まで同じペースでカイてるもんだから、常にその部分だけ成長し続けてる感じだわ。しかも乳首までいじってるもんだから、心なしか乳首も成長してるような気が・・・
その点、この辺の原住民はカクよりも狩る。オカズも無い中で、本物のおかずを探して、常に狩ってるのよね。(多分だけど)
多感な思春期にサバンナにさぶや薔薇族が落ちてるわけもなく。ハッテンスポットになりそうな水辺は常にライオンやワニで一杯なのよ。だから小さいんだわ。


それでもやはり、大地を走り回ってるだけあって、さすがのプリケツよ。でも同じことやれとか言われても、尿道に未知のダニでも入り込みそうで、アタシはマジ堪忍だわ。



コメント