パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


宝塚宙組公演「カサブランカ」

コスメティックルネッサンス!! ゆめみしでございます。

 本日は真性宙組の「カサブランカ」を観劇してまいりました。
大空祐飛さんの宝塚大劇場のお披露目でもある今回の作品は、元の作品である映画「カサブランカ」が非常につまらない映画だ。と、友達のサタニストに吹き込まれていたので、あまり期待してなかったんだけど、思いのほか良かったです。
大空祐飛さんお披露目というより、アタシ的には萬あきらさんのさよならであることが重大で「鳳凰伝」のとき見たあきらさんに惚れ、あきらさんほどダンディーで口ひげの似合うジェンヌは他にいないわ!!
男だったらイカホでゲイにもてること受け合い!!
な〜んて思ってたんだけど、今回でめでたくも悲しく定年退職!!
理事にでもなって春日野八千代さん状態になってほしかったものだわ・・・94歳超えて今でなお舞台で舞う(?)!!
その萬さんの最後の公演でもあるカサブランカなんだけど、役柄は重要な役で出番も歌も多いんだけど、黒塗り・・・別にいいんだけどね・・・

 あと少し驚いたのが前回、月組「エリザベート」にエリザベート役で特出した凪七瑠海さんが、初っぱなから歌ソロ。完全に扱いが良くなっていたわ。
以前から男役にしては可愛く線も細くスタイルが良すぎるってので注目してはいたんだけど、トップ候補との噂もあるんで、今後更に注目のジェンヌだわね。この子もアタシを脅かす一人になりそうだわッ!!

 悠未ひろさんは相変わらず悪役がハマってて、この前は宝塚ホテルで見かけたんだけど、ちょっと怖かったわ。てか憎いわ。
役柄のイメージが付いちゃいそうなんで、ぼちぼちイイモンの役を付けて上げたい気分。でも完全に悠未ひろさんのポジションが定着しつつあるわね・・・それもある意味おいしいだろうけど。

 そしてアタシの好きな北翔海莉さんは、もちろんおいしい役なわけなんだけど、役柄に徹するため肉布団を着て太らせてたわね。でもこの役を萬さんがやってる姿を最後ちょっと見たかったような気もするけど、重要過ぎて出ずっぱりなんで、専科としては無理でしょうね。轟悠さんじゃあるまいし。

 注目の大空祐飛さんはというと、アタシあまり知らないジェンヌさんだったんだけど、雑誌なんかでクールビューティーのイメージがあって、舞台でもそんな感じ。そしてたまに見せる笑顔がギャップが魅力的だったわね。他に無い独創的な雰囲気があって良かったわ。

 とまぁ一列目でオシッコをちょっと我慢してたアタシなんだけど、途中、凪七瑠海さんのウインクで失禁!! そしてホタル飛んでくる!! ・・・になるかと思いながらも、新制宙組をマンきつしてきたわ。次回作も楽しみ♪

コメント