パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


宝塚星組公演「ハプスブルクの宝剣」「BOLERO」

なによっ!! そしてなにさッ!! ゆめみしでございます。

アタシ、星組には縁が無くって、あんまし観に行ったことが無いんだけど、せっかく正月なんで、星組の「ハプスブルクの宝剣」「BOLERO」を観に行ってきたわ。
もちろん柚希礼音さんトップの舞台を観るのも初めて。
今回の作品の主題歌が「エリザベート」の曲を作ったシルヴェスター・リーヴァイ氏が書き下ろしたそうで、耳に残る良い曲だったわ。
柚希礼音さんは歌が抜群に上手く迫力満点。てか初めから最後までずっと一人で歌いっぱなしな印象が残ったわ。
アタシが気になってたのは凰稀かなめさん。まず見た目がどう見ても涼風真世さんそっくり。しかも名前が「かなめ」なんて明らかにあれよね。しかも声までそっくりなんだけど、似てないのは歌くらいかしら。涼風真世さんは好きなジェンヌの一人でもあるんで、凰稀かなめさんの将来も楽しみだわ。
ショーの「BOLERO」も正月公演らしくすごい派手。かなり金掛かってそうだったわ。

そんなこんなで大劇場の喫煙コーナーへ向かったアタシなんだけど、そこでバッタリ大昔ゲイバーで何度か会ったことがある人と会っちゃって、その変貌振りにびっくり。すごい太ってたわ。40キロほど増えたらしいんだけど、もともとぽっちゃり体型だったもんだから、それから更に増えたってこと?・・・てか今何キロよ!!
完全にそっち方面の方々にもてそうな風貌に檄変してたわ・・・ま、どうでも良いんだけど。

コメント