パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


タイのカレからタマリンドが届いた。


 うんこ味のカレーとカレー味のカレー!!
人生ではこのような究極の選択に強いられることがたまにあるわよね。
世の中、理解しがたいプレイを楽しんでらっしゃる殿方には特に究極かと思われます。でもアタシはカレー味のカレー!! ごめんなさい、アタシのファンでスカトロマニアの方々・・・

 そんなこんなでうんこの話し。
タイに帰ってるカレから荷物が届きました。中身は主にお菓子。
その中にタマリンドという枝豆っぽい物のドライフルーツが入ってたわ。日本ではなじみが無いんだけど。カレ曰く「これは食べ過ぎるとうんちが止まらないよ〜♪」とのこと。

写真が実際届いたタマリンドのドライ。
もう、これ自体がうんこじゃないかと思うような容姿なんだけど・・・
繊維が固くちょっと筋張った感じ。味はわずかな酸味と甘み、そねみ。
特別美味しいもんでもなかったんだけど、2〜3本食べたわ。

翌日、確かに出たわ。たっぷりと。
色も健康的なおうど色。トイレが詰まるのかと思うほどだったわよ。写メ撮ってアップしたかったんだけど・・・
この効果に驚いたアタシは、万年便秘症の女性2人に分けたんだけど。その方たちは重傷で薬局の薬も色々試してるみたいなんだけど、効果は今ひとつで。多分、今、電車に引かれたら人様に見せれる代物では無いほどの腸内らしい・・・んでもって翌日。

すごかったそうよ。便器のフタが閉まらないほどだったそうな(流せよ)
それで、もっと欲しいって言うもんだから、近所の中華街や輸入食材の店で探したんだけど、料理で使うペースト状の物や缶ジュースなんかはあるんだけど、ドライフルーツは無い。
結局、またカレに送ってもらうことにしたわ。

便秘でお悩みの方は是非お試しあれ。

コメント