パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


宝塚雪組公演「ソルフェリーノの夜明け」「Carnevale(カルネヴァーレ)睡夢」


宝塚雪組公演「ソルフェリーノの夜明け」「Carnevale(カルネヴァーレ)睡夢」コピペ
観てきました。
「ソルフェリーノの夜明け」は赤十字誕生150周年のお芝居。
友達のサタニスト曰く「これを観て泣かない人はいない」
とサタニストらしからぬコメントをくれたんだけど。

結論から言うとアタシは泣かなかったわ。

あえて泣くとしたら。あの汝鳥伶さんが冒頭に出てきて、ものの10分ほどで死んでしまうことかしら・・・なんて贅沢な使い方!!

きっと出番が一瞬で終わった汝鳥伶さんは楽屋ですぐさま帰る支度をし、実質開演15分後には家に向かってることでしょう・・・な・・・泣ける!!




戦争の最中、負傷した兵士を敵味方関係無く看病に勤しむ、後の赤十字創立者アンリー・デュナン(水夏希)の物語なんだけど、初めから最後まで血まみれの衣装とあってベルばらの演出家でもある植田先生的には耐えられなかったのでしょう。

芝居が始まるとまずプロローグ的にショーよりど派手なシーンから始まるんだけど、話しの内容とは関係なさ気。
ベルばら風味な始まり方なんだけど、アタシそれを見て、一瞬、例のごとく王朝時代のベタな話しでも始まるのかと思ったわ。
そして舞台も半ばにさしかかると周りではすすり泣く声が・・・サタニストに聞いてハンカチ(水夏希のグッズ)まで用意してたもんだから、身構えすぎてたのね。それで泣けませんでした。
けど内容は感動!!
黎明の風以来の勉強にもなる作品だったわ。やっぱり水さんはすごいわね。負けるわ・・・

あと、音月桂さんの役が救いようのない怖い役で、それが案外はまってて上手いのよ。
今後、悠未ひろさんみたく悪役が板に付いてしまうんじゃないかと不安になるほど怖かったわ。あんたが憎い!!
ある意味、音月桂さんにシテヤラレタ感があったわ。負けるわ・・・

この公演で彩吹真央さんも退団しちゃうわけだし色々と重い観劇となりました。
このタイミングで辞めるなんて2番手なのに色々と複雑な宝塚だわ。

それよりアタシ、キャトルレーヴで予約してる鳳凰伝の萬あきらさんの四つ切りが出来上がるのが死ぬほど楽しみなんだけど。

コメント