パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


実際、歌って曲検索サイト「midomi」

PCのマイクに向かって直接歌ったり、もしくは鼻歌で、その曲がなんなのか検索するサイトがあったので紹介。てか探偵ナイトスクープで見たんだけど。

↑ここ

早速「びわ湖温泉ホテル紅葉」を歌ったんだけど、それが驚くことにちゃんと出たのよね!!
これにはビックリ!!
どうゆう仕組みなのか知らないんだけど、その後も「パルナスの歌」やもちろんみゆきさんや山口百恵、ザ・ピーナッツに関してもちゃんとヒットしたわ。中には何回か歌わないとマッチングしてくれないのもあったけど、基本的に出てきたんで、ほんと驚いたわよ。
気を良くしたアタシは、宝塚の曲も歌ったんだけど「エリザベート」の「最後のダンス」は出たんだけど「鳳凰伝」の「北京の民」や「心がうずく」(タイトルは知らん)なんかは50回くらい熱唱したけど、出なかったわ。てかアルバムになってないから出るわけが無いのかもだけど。

大体「あの曲なんだったっけ?」って思うことってマニアックすぎて、このサイトにも無いって感じだと思うけど、遊びで歌うには楽しかったわ。
今度はエクソシスト2のパズズのテーマ曲でも歌ってみるわ♪

コメント