パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


禁煙2週間目。ぼちぼち幻覚症状が。

ほほほ〜ん!! ゆめみしです。
アタクシ本日で禁煙して2週間になります。なぜ禁煙してるのかと言うと、健康のためとかじゃなくって。近々、日本も海外に右にならえ的に公共の施設では完全禁煙になるとかならないとか・・・当然、酒を飲む飲食店なんかもです。
アタシは酒とたばこはセットなもんだから、酒を飲んではたばこ吸いに外へ出る・・・そして薬漬け・・・な〜んて煩わしい立場へ追いやられるくらいなら、値上げ前の今止めてしまおうと思ったわけよ。
後々、お上が法律作って、尻たたかれて仕方なく止めざるおえなくなる前に、自分から止めようって寸法なのね。要は、クビになりそうなんで言われる前にこっちから辞めてやる!! っていう高飛車リーマンと同じね。

アタシの禁煙方法はガムです。禁煙ガムとかじゃなくって普通のキシリトール入りの美味しいガム。1日に2〜3箱は噛んでるけど、たばこ代に比べたら安い物よ。おかげでアゴが痛いしだるいわ。超でっかいチンチ○ンを2時間ほど咥えた感じかしら。ステキ!!
ガムも数種類買って味に飽きないようにしてます。

たばこを止めると色々と体調に変化が出てくるみたいだけど、まだ2週間なんで、良い意味での変化は無いんだけど、悪い意味では変化あったわね。

まず軽く気を失う。
ほんの0.1秒ほどなんだけど。気を失うっていうより突然睡魔に襲われて、倒れそうになる・・・って感覚かしら。
ストレスからの現実逃避かアゴの使いすぎか原因は知らないんだけど、これって結構きついわ。

そんで、食欲が無くなるくせに太る。
食べるとすぐお腹がふくれるんだけど、確実に太っていってるわ。それにお腹が張ってるし屁が良く出る。ストレスからの現実逃避か・・・もしくはガムの噛みすぎで脳の中枢神経に満腹感インプット的な。それでいて大量のガムの成分が胃腸の働きになんらかの影響を与えて、必要以上に栄養吸収的な・・・

そして、なんといってもきついのが花粉症になったわ。
もともと花粉のアレルギーは出てたんだけど、気になるほどでも無くって、今年は花粉が非常に少ない年だと聞いてたにも係わらず、かれこれ1週間ほど花粉症の症状なのよ。とにかく鼻水&頭重い&睡いなのよ。
例のごとく、神の薬屋、剤盛堂薬品株式会社のホノビエン錠でなんとか回復へ向かっているものの、キツかったわ。

そんなこんなで、今ンとこ禁煙して良いことはまるで無いんだけど。まだまだ2週間。きっと抗体反応かなんかが出てるんだと思うわ。
これを乗り越えた時、その向こうにステキなタイ人が待っているんだわ!!

と思ったんだけど、聞いた話。最近アタシのお気に入りのタイ人のマッサージの子は日本の彼女が出来たそうで、浮かれ気分。

「なによっ!! そしてなにさッ!!」

カレがタイへ帰ってるからって、アタシってほんとダメね。

コメント