パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


ミュージカル「ディートリッヒ」

「自分が自分でいられる場所・・・それはセカンドライフ!!」
こんにちは、かわいそうな民よ!! ゆめみしでございます。

本日はミュージカル「ディートリッヒ」を観てきました。
宝塚退団後の和央ようかさんは、アタシはこの作品で初めて観ることになります。
退団してからのWAO人気はなぜか衰えることなく、今回もプラチナムチケットになったんだけど、どうにか手に入れたアタシの本来の目的は、退団後この作品で初ミュージカル仕事となる、アタシにとって最大のライバルであり尊敬する、花総まりさんなのよッ!!

退団後も和央さんの脇役に完全に徹していたまりちゃんなんだけど、ここえらで表舞台へ・・・
これを機にミュージカル界の女王として、そして二代目一路真輝として、君臨して欲しいもんだけど・・・たとえば東宝エリザベートとか。

今回久し振りに梅田芸術座に行ったわけなんだけど。普段、宝塚大劇場の設備に慣れてたアタシとしては、なんだかしょぼく感じたわ。
まず間口が狭い。これじゃ卒業生全員のロケットダンスは無理ね!!
そしてなによりも音が悪い。せっかくの生演奏が四季みたくカラオケに聞こえたわ。出演者の歌も声が出てる感じは伝わらなくって、口先で歌ってるように感じました。
全曲本気歌いだとメリハリが無くなって、しんどいモノがあるんだけど、見せ場になるとこは心が震えるほどの歌が聴きたかった気がするわ。たとえば愛の賛歌の最後の部分だけとか。一路さんはその辺がカオスよね。

しかしそれにしても和央ようかさんのスター性はさすがのオーラ。そんでなによりも花総まりさんの演技は強烈。
エディット・ピアフ役のまりちゃんなんだけど、恋人が事故で死んだときの取り乱し方と言ったら壮絶なものがあったわ。そしてそれをなだめようとする和央さんなんだけど、なんでかそのときだけ和央さんは大根なんだけど、なんでかしら?
久々の鬼まりちゃんの演技に引いたのか? それとも演技をする上で、取り乱したピアフにどう接して良いのか分からずうろたえたのか謎だけど、あのシーンを観た人はみんな思ったはず。

そんなこんなで、なかなか良い作品だったわ。
時代がそうだったようにマレーネ・ディートリッヒの人生が特殊だったことを初めて知りました。でも話し聞いてるとエディット・ピアフの方が壮絶な感じがするんだけど、今回はマレーネにスポットライトをあてたって感じでひとつ。

コメント