パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


タイのカレが帰ってきました。

こんばんは〜北京の民よッ!! ゆめみしです。

タイのカレが帰ってきました。一瞬、入国審査で止められるんじゃないかと思ったりしちゃったんだけど、別に悪いことしてるわけじゃないんで大丈夫だったわ。
しかし帰ってくる当日、アタシはミュージカル・ディートリッヒの予定が・・・
タイの人は仕事より趣味より愛を優先する民族なので、決してディートリッヒのことを知られるわけにはいかないのよ。だって引退後初舞台となるはなちゃんが出演してるのよッ!!
もしバレたらムエタイでフルボッコ確定だわね・・・
そしてミュージカルも見終わり、放心状態のままアタシは家路へ・・・

「タダイマ〜 マサル〜〜〜!!
 ドコイッタカ〜?」

そんなこんなで3ヶ月ぶりの再会をしたのでした。てか名前違うし!!
それにしてもお土産がすごいわ。200バーツ(日本円にして600円位)のジーパンとかちょっと履きそうにないんだけど・・・
ひとしきり再会の儀を済ませたアタシはWoWをやりたくてうずいてたんだけど、テレビゲームで1度険悪になったこともあったんで、その日は我慢したわ。もし土産話も聞かずにゲームに一目さんだったら、タイ古式マッサージでフルボッコ確定だわね。

その晩、アタシは夢を見ました。
なぜか別にタイプじゃないガクトが出てきて、カレのブルガリとカルティエのコラボ腕時計を無断で借り、そして壊してしまうのよね。あせったアタシはガクトの枕の下に何故か時計を隠すんだけど、そのままガクトとエッチ・・・カレ、パイパンだったわ・・・
あまりにも夢がリアルだったんで、ビックリして飛び起きたわけなんだけど、横にはタイのカレがぐっすり・・・そういや、帰ってたのよね。
ふと枕の下が気になったんだけど、もしやブルガリとカルティエのコラボ時計が!?
な〜んて思いながら枕を取ると、なななんと!!コックリングがッ!!!!
きっとこれよ!! 夢の原因は!!

ま、別にどうでも良いんだけどね!!

コメント