パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


最後の晩餐をする独身男

ケツデカ超人!! サワディカップ!! ゆめみしでございます。

今年はタイへ旅行したいんだけど、首都バンコクでは色々と大変みたいで死人まで出てるわよね。それでちょっと迷ってるわけなんだけど。アタシは死ぬまでに必ず実行したいことがあって、その一つが象に乗りたいってことなのよ。まぁタイへ行くのがそれが全てではないんだけど・・・えと・・・売り専大人買い? ぎゃ!! 美川ッ!!
ま、人それぞれやりたいことって色々あるんだと思うんだけど。

つい先日、とある食べ物やさんで食事してると、すぐ隣にどこの馬の骨とも知れない家族が食事してました。
どうも息子さんが明日結婚式のようで、独身として家族で食べる最後の食事だそうな。
すると、ふと父親だかおじさんだかが・・・


「独身最後の食事だな。 最後の晩餐というわけだ。
 がっはっは!!」

意味分かって言ってるのか知らないけど、アタシは上手い表現だと思ったわ。



「上手いわね!!
 つまり、今日が最後の晩餐で、
 明日ゴルゴダの丘に十字架を背負って行くわけね!!
 そんで家庭という名の十字架に張り付けになるわけだ!!
 ほほほ〜ん!!
 ・・・・・・おめでとうございます。」


「ちょっと!! あんた誰よッ!!
 急に出てきてヌケヌケシャーシャーと
 好きな事言っちゃってさッ!!
 なによっ!! そしてなにさッ!!
 ・・・・・・ありがとうございます。」

もちろんアタシは結婚なんて興味ないし、日本人の人口8000万人計画実行中なわけだから、子供にも興味が無い。てか嫌い。
それにしても、明日結婚式だからって、ご家族に食事を招待する息子なんて、今時珍しく好青年よね。イケルわよ。フフフ・・・・いただきマンモス。




コメント