パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


宙組「激情」今更ながらだけど。


あたいはカルメン。空気のように自由でいたかったんだ・・・そしてこんばんは。

ソルフェリーノの夜明けのDVDも発売となり、キャトルへ買いに行ったんだけど、そのときついでに目に付いた宙組の「激情」
生では見てないんだけど、以前テレビでやってたのを見て、エラク感動したんで、思わずそれも買っちゃいました。
最近、星組が再演してたみたいなんだけど、全国ツアーで、予定が合わず行けなかったわ。
星の激情の舞台セットが気になるとこだわ。
というのも、この作品の舞台美術は全日比野克彦というモダンアートの方がデザインしてるそうで、殺風景ながらにゴージャス、ライティングで様々に表情を変えるすばらしい一物だったわ。
舞台はスペインとあってか、少しピカソ的な感じもしたわ。
宙のときのセットはもう壊したのかしら・・・それとも花ちゃんが買い取り!? 十分にあり得るわ。


宙組・・・てか花總組。
花ちゃんってアバズレ役も出来るんだぁ〜・・・と、当時は思われたことでしょう。
てか相変わらずのオーラで、新人公演の花ちゃんの役をした南城ひかりさんは、たぶん選ばれたとき嫌だったんじゃないかしら・・・と思うほどの最強ぶり。まぁいつものことではあるけど。
姿月あさとさんも、アタシ、エリザベートで見たくらいで、あまり知らなかったんだけど。この作品で、イモ青年が危険な恋に落ち行く様を見事に演じてるんで、なかなかだったわ。
そんで出た!! 和央ようかさん。
小説家、そして物語のナレーション的な役と、トップ二人が感情を溢れ出す煮汁となってる中、淡々と演技をし、異質な存在として出てるんだけど。
何故か、ジプシーのボス役と二役やってるのよね。しかも結構早着替え的な場面もあるんだけど、これって必要なのかしら?
とあるサタニストが言うには「2番手にしては出番が少ないし地味なので二役にしたらしい」
とのこと。まぁ二役といっても、どうせすぐ死ぬんだけど。

とまあ、とにかくすごい作品だったわ。星組が死ぬほど観たい感じではあるわね。DVDは多分買わないけど。


コメント