パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


SL ZYNGO攻略じゃないけど・・・

「こ・・・この、糞ジャンゴ!!(ZYNGOのこと正確にはジンゴ)アタシの貴重なリンデンを骨の髄までしゃぶるおつもりなのねッ!!」
だからギャンブルはやめなさいって!!

自己責任で!!

ってことで今回SLで人気のギャンブル『ZYNGO』のアタシなりの長年の経験のまとめよ。
SL内ではギャンブルを禁止てるにも係わらず、このジャンゴはなぜかスルー。
1ゲーム5000リンデンもするような高額なマシーンまであるのに、放置状態。下手すりゃ、リアルマネーを湯水のごとくジャンゴなんぞにつぎ込んで、SL破産なんてのもありえそうなんだけど、とにかく放置なのよ。
たしかに面白い。リンデンドルとは言え、リアルマネーでもあるわけだから緊張感が違うわ。
ジャンゴのルールを知らない人は別ンとこでググって下さい。

ジャンゴの勝利への道は、設定の良い店を選ぶこと(良い店は客が多い、まれにサクラもいるが)
そして「×2」を出来るだけ早く出すこと(まぁ運だけど)
最終ラウンドまでなるべくラインを揃えないこと。最終的に、ほとんどのパネルをめくるか、全めくりしないとノルマに達しないことが多いので、ラインをあせって揃える必要は無いと思うわ。前半に得点をゲットしまくると、後々、糞デビルの被害が大きいので、デビル対策にもなるし。
あと、これ気付いたのアタシだけだと思うんだけど、69は出やすいような気がするわ。
まぁ数字がアレだから、個人的に記憶に残ってるだけかもしれないけど・・・って悲しくない? アタシ・・・
んなもんだから、ジョーカー出ても69は避けてめくってるのよね。後でちゃんと出るから。

このやり方で順調に破産したアタシなんだけど、きっとギャンブルに熱くなるのが敗因なのよね。
今スカスカピンパーネルなんで、またチャットキャンプしなきゃだわ。
あと、音切ってる台、むかつく。

コメント