パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


トラファルガー再び観ました。

こんばんは、鬼塚球磨子でございます。
最近、タイ古式マッサージにハマっております。もちろん男の子指名で。
「微笑みの国タイ」というだけあって、タイボーイはアタシに微笑んでくれます。この前の子はちょっと郷ひろみ似だったわ・・・個人的に微妙かも。ワインうま〜。

先日、宝塚宙組公演「トラファルガー/ファンキー・サンシャイン」再び観てまいりました。

前回は1列目で前すぎて見上げる姿勢だったのが、今回はセンター寄りの15列目と、個人的にはこっちの方が好き。やっぱり舞台の全体を見たいし、何よりも音が良い。
そんなことより、15列目だからか、改めて分かったのが、2部のショー「ファンキー・サンシャイン」がめちゃくちゃ派手。電飾がルミナリエなんかよりすごいわ。
そして前回書き忘れてたんだけど、ショーで蘭寿とむを筆頭にプラズマダンサーと言うシーンがあり。たぶん、宝塚史上これ以上に激しいダンスは無いというほどに踊りまくる箇所があるんです。
それだけでも観る価値ありなプラズマダンサー。まだ観てない方は、多分チケットまだまだあると思うのでどうぞ・・・ぎゃはw

その日は、どこぞの馬の骨とも知れない中学校の遠足団体が入ってたので、平日ではあるけど、空席を除いてほぼ満席状態だったわ。
きっとこの学生の中にも、今回の観劇でハマってしまって

「先生!! アタシ宝塚音楽学校に入学します!!」

と、グリグリ坊主の野球部員が突如開花するかと思うんだけど、そんなことより、この日は真飛聖、率いる花組軍団が20名ばかしツラツラと入ってきました。しかも蒼々たるメンバー・・・
しかし宙組客は案外あっさり。入るタイミングを間違えたのか、一瞬ザワっとはするものの、盛り上がったり写真のフラッシュ攻めになったりしないのよね。なんか普通の客だったわ・・・
きっと今回のことで真飛さんは宙組観劇はもう二度としないことでしょう。

コメント