パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


iPhone4発売決定。アタシには関係無いけど。


皆様こんばんは、アリダバリです。
アタシの恐れていたことがとうとう現実となりました。それは新型iPhone4が発表されたんです。アタシがiPhone3GSを購入したのがほんの2ヶ月前。購入後、新型が出るとの噂を聞き、ちょっとあ然とはしたものの、世の中、品は進化を続け、買った物がどんどん古くなっていくのは仕方が無いこと、欲しい時が買い時。な〜んて思いながらもこんなにも早くに新型がお目見えするとは・・・あともうちょっと待てば良かった的な風味だわ。
しかし、アタシのiPhone3GSは実質キャンペーンで無料購入したわけだから、1つ前の機種を安く買ったってことで、きっとアタシ勝ち組なんだわ!! ほほほ〜ん!!

さて、このiPhone4の気になる機能なんだけど。アタシの3GSと比べて、OSを除く物理的に違うとこが、まずテレビ電話が出来るようになったこと。しかしこれにはかなり制限があるらしくって、まずWi-Fi接続であるということとiPhone4同士であることが条件みたい。
かなり利用頻度が低そうよね。

それと画面の解像度が4倍ほど上がったみたい。これによってほとんど肉眼ではドットが確認出来ないほど美しくなったそうよ。ジャギーなセガマニアもビックリよね。

そしてカメラの解像度が上がったこと(300万画素から500万画素)。フラッシュが付いたこと。ボディーが若干薄くなったこと。バッテリーが少し良くなったこと・・・・これくらいかしら?

海外では携帯がここまで機能を満載することは画期的とされてるみたいだけど、日本ではこれくらいの機能は既に携帯の常識。むしろこれより上なわけなんだけど、やはりそこはアップルのブランド力とセンスの良さで、再び一人勝ちが続きそうだわね。

今回はワンセグやラジオといった機能は付いてないんだけど、どうせアタシはキャンペーンで買った3GSが2年縛りの契約なんで、関係ないわ。アタシが買い換えるころはiPhone5辺りでしょうね。

コメント