パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


宝塚雪組バウ公演「摩天楼狂詩曲」(ニューヨーク・ラプソディー)

ああぁぁ・・・美弥るりかの会に入りたいものの、そのメリットが個人的に無いので、渋ってるんだけど。アタシが入ることでお墨付きになるわけだから、それでトップ確定なわけだし〜♪ みたいな〜!!

見てきました。美弥るりかさんがアイス役のバージョンだったわ。
2バージョン役代わりなんだけど、もう1つのスタンレーバージョンも見たいんだけど、なんしか時間に追われてるアタシは、1回観るのが限界ラヴァース。
相変わらず、魔性の魅力で、アタシのハートをガッチリ吸い寄せ。大きな瞳ですっかりザラキされて来たんだけど。
それはそうと、会場に掛布さんが着てました。阪神の掛布です。
一部、ゲイにも人気のある掛布なんだけど、年を取っても、やはり元プロスポーツマン。ガッチリしてたわ。
掛布がおしっこしにトイレに来るんじゃないかと、休憩の30分間、小便器でおしっこするフリをして、待ち構えてたものの、一向に来なかったわ。さては殺気を感じたのかしら? 畜生ーーー!!

その代わりと言ってはなんだけど、バウの向かいにある食堂(フルール)の2階に、同じく元プロ野球選手の福本さんが一人、お茶してるのが見えたわ。掛布さんと同伴じゃないみたいなんだけど、乙女サラダでも食べてんのかしら?

しかし、オリックス時代のイチロー選手も宝塚が好きで当時トップスターだった一路真輝さんを見に劇場へ通ってたって噂もあるし。野球選手って宝塚歌劇が好きな人が多いのかしら? やはりプロ野球は男の世界、そんな中にいると乙女心が自然と湧き出るのかもね。

話しがだいぶそれましたが、ニューヨークラプソディー、最後は感動で少し泣けたわ。

コメント