大谷翔平、同僚にロックオンされる。

こんばんはカーリング男子に廻されたいゆめみしでございます。
本日はアタシが昔から目を付けてた大谷翔平選手の話題よ♫

アメリカの大リーグへ言っちゃった大谷選手なんだけど、早速あちらの選手にロックオンされたみたいです。

https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/966046/

タイ旅行(3日目)


ポムラク〜ン!! タイ旅行3日目。
「え? アタシ、そんなとこ行ってないけど??」
と言っても、絶対ウソになる、ゴーゴーボーイ初体験。写真はシーロムにあるゲイタウンの中枢。歩いてると可愛いタイ人のぽん引きが寄ってきます。
ぶっちゃけ、この辺一帯は間違っても子連れ家族の観光客が間違っても近づいちゃいけない地域のようで。とにかく町中がチンポなのよ。
明けても暮れてもチンポ。三度の飯とチンポ好きの町です。

ここでちょっと思ったんだけど。基本的に外国人相手の商売なので、当然、海外の観光客で溢れているんだけど。良く目にするのが白人のお爺ちゃんたち。タイはお爺ちゃんの最後の楽園なのかしら? と思ってしまうほど、多かったわ。アタシが滞在してた間は日本人ゲイはほとんど見かけなかったわね。

それで適当にゴーゴーのお店に入ったんだけど。
階段を上って、すぐのガラスのウインドウ越しに、いきなり可愛いタイボーイ二人のオナニーショー。
ああ・・・これって言ってみれば、ハッテンサウナなんかでは普通に見かける光景ではあるんだけど。あえて、ビジネス的、事務的に見せつけられると、なんだかちょっと異常な世界感・・・

そして席に案内されると、丁度、ショーが始まったとこでした。
どうやってんのか分からないんだけど、常時、勃起したチンポを振りかざしたタイボーイがクネクネと踊っている。中にはシリコンで巨大化したチンポの子なんかもいるんだけど。これってハッテンサウナなんかでは普通に見かける光景ではあるんだけど、この露骨さはちょっと日本では味わえないかもね。

ひとしきりショーも終わると、続いてアピールタイム。
30人ほどのゴーゴーボーイが一斉に舞台に上がると、それぞれが指名してもらうべくアピールしてきました。その中に、ウチの近所のタイ古式マッサージ屋の子にそっくりな子がいて、
「まさか本人!?」
なんて、目を合わすと、自分に気があるんじゃないかと、股間をまさぐってモー烈アピール。う〜〜〜ん・・・これってハッテンサウナなんかでは普通に見かける光景ではあるんだけど・・・

指名すると、自分の席のとこへ来てくれるわけで。もちろんお持ち帰りも、お金を出せばOK。しかし、ぶっちゃけアタシ、セックスには興味ないのよね。せいぜいマッサージの抜きのサービス程度で充分なのよ。悪く言えばスレちゃった感じ。良く言えば悟りでもパックリ開けたのかもね。ほほほ〜ん!!

まぁ、ゴーゴーは2件ほど廻ったけど、アタシのハートを射止めるほどのタイボーイには会えませんでした・・・てか、初めての体験で、雰囲気に負けちゃって、ボーイを買う余裕なんて無かったわ。次回は必ず!! ・・・・・・オトナ買い!!

それで、またまたちょっと思ったんだけど。2件行ったゴーゴーのお店なんだけど。平日ってのもあって、客はアタシを入れて、5〜6人ほど。
アタシはボーイを買うより飲む方に走ってたんで、1件で1,000バーツ(3,000円位)ほど使ってたんだけど、他の外人さんはそれほど飲んでない感じ。
それに対して、踊ってるボーイは30人以上。これで商売が成り立つんだから、タイってステキな国よね。多分、出来合い制だと思うんで、指名されないと、給料ほとんど無いんですけど〜状態。日本ならこの状況で働く人なんて絶対いないわよね。まして、チンポにはシリコン入れ〜の、バイアグラか注射か知らないけど、勃起持続させ〜の、で、将来インポなり〜ので、指名されず、給料無しって、なんだかちょっと泣けるわ。(注意:想像で彼らのサラリー形態を語っているだけで、真状は知りません。しかし多分当ってる)

コメント