パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


宝塚月組公演「ジプシー男爵/ラプソディック・ムーン」


こんばんは、櫻井よし子でございます。
本日は月組公演「ジプシー男爵/ラプソディック・ムーン」を観劇してまいりました。
アタクシ、実は月組もほぼ知らないんです。瀬奈じゅんさんのときは何度か観に行ったんだけど、霧矢大夢さんになってからは、多分1回くらいしか観てないような・・・なんて作品だったかしら・・・・
そう、アタシ、実はこういう事の記憶ってほぼスッ飛んでるんです。特に宝塚は似通ってる部分が多いので、よっぽどじゃないと記憶に残らないのが事実。
コンサートとかも同じ。すごく好きなアーティストであっても、見終わった直後に何を歌ったのか聞かれても記憶に無いのよね。ほんと、軽くヤヴァイ。てへw

そんなことより、今回、タイ人のカレと同伴で。カレは宝塚初体験。
世界に類を見ない、宝塚の独特の華やかさと。女性のみという、一種タイのニューハーフショーに通ずるきらびやかさにハマるんじゃないかと・・・
宝塚音楽学校の願書を持って帰ったり。帰りの阪急電車で「レビュ〜♪ レビュ〜♪」と大声で歌わないかと心配になったわけだけど、そんなこんなで開演・・・

一部のミュージカルが始まり、しばらくすると、とてつもなく甘い臭いが・・・
ふとカレの方を見ると、お菓子喰っとる!!!!

「ちょ!! おまッ!!」

一応音を立てず、隠密にお菓子喰っとる!!
ポッキーと、あと、なんか殺人的にメープルシロップ的な甘い臭いのするクッキー的な物を、しっとりひっそり、それでいてしっかり喰っとる!!
これがマネケンのワッフルだったりしたら、それこそテロよね。
さすがはタイ人。マイペースと言いましょうか、文化が違うと言いましょうか。
当然、そこは蛍が駆けつける前に注意して、事なきえたわけなんだけど。アタシも予想外の行動に、ちょっとビビったわよ。
今回の作品はジェンヌさんたちが客席にゴンゴン出てくるシーンが多く、丁度そのときに、カレの「ちょっとブレイクタイム」が始まってなくって良かったわ。

見終わって、カレに感想を聞くと。

「ん・・・ああぁ、良かった。」

微妙な感想だったけど、セリフのほとんどが理解出来てないわけだから、多分、芝居の方は睡かったんじゃないかしら。その分、後半のショーは楽しめたみたいだったわ。

コメント