パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


宝塚バウ公演「オネーギン」


こんばんは、ドラクエで「つうこんのいちげき」は、臭々マイクが付いてる、2コントローラーからの攻撃だと思ってた民よ!! こんばんは。
しかし、今考えても、あの当時、コントローラーにマイクが付いてるなんて、ちょっと斬新よね。ぶっちゃけ無駄だった気もするけど。

そんなことより、今回は久々の宝塚でございます。しかも轟悠さん主演のバウミュージカル「オネーギン」です。サブタイトルは「あるダンディの肖像」・・・・ぷッw これが宝塚スタイルの感性よ!!
今じゃ、恥ずかしくて誰も考えつかないようなネーミングセンス!!
しかし、これが宝塚の良いところ。同じセンスとしては、香港映画の邦題や谷村新司さんなんかがそうかしら・・・

今回の作品にはネットでちょっとしたエピソードがあって。轟悠さん主演の作品タイトルがまだ決まってないとき。ネットでいち早く情報を入手した人が、掲示板に書き込みがあって、そのときのタイトルが

「オネーマン」

皆、そのタイトルに驚き、疑いながらも
「轟悠さんならあり得るかも・・・」
ってな感じで、全員騙されてたそうな・・・

そいでもって関心の内容なんだけど。
轟悠さん主演の作品は、アタシ、「黎明の風」以来で。バウ主演を見るのは実は初めて。今回は雪組での出演となったわけなんだけど。さすがのオーラ。
現役が長いってのもあるんだけど、組子とは格段にレベルが違う、といった感じでした。
あの輝かしい一路真輝さんの時代を共に歩んだ轟さんは、ぶっちゃけ今のぬるい宝塚とは違って、プロの仕事と言った感じ。
と言うと、今のジェンヌさんには気の毒だけど。今は昔と違って、ナチュラル芝居って感じなのよね。轟悠さんは昔ながらの演技で歌にも小節がある。それがアタシには、ちょっと心地よかったわ。

そして見終わって・・・

ごめんなさい。なんでか知らないんだけど、ぶっちゃけ内容が分からなかったわ。同伴したツレが、そんなに難しい内容では無い、と言ってたんだけど、なんでか理解不能だったわね。まぁ寝不足だったってのもあるんだけど、ロシア文学って、ちょっと微妙な心理なとこがあるような、無いような・・・

それより、悲劇ではなかったんだけど、最後は感動の涙が。別に誰が死ぬとかじゃないのに、轟悠さんの説得力に涙しました。そこんとこもさすがよね。

コメント