パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


ゲイコミュニティーやハッテントイレ


こんばんは、公衆便所です。
日本人は世界的にも恋愛下手で。海外のカップルと比べると、愛の語らいやキスやハグはもちろんのことセックスも少ない気が・・・
それ故に、オナニーに走ったり、わりと自由奔放でプライベートを主張してるように見られがち。かといって恋人を大切にしてないわけではなく。愛の表現が苦手、てか奥ゆかしい文化。
そんなわけで、現在も例外なくアタシもタイ人のカレと温度差を痛いほど感じているわけなんだけど。それに輪をかけて、アタシの性格は「熱しやすく冷めやすい」

タイ人のカレの欲求が爆発しないように、カレの一途過ぎる気を少しそらす為、某ゲイトイレを教えたんだけど・・・これでカレが狂ってしまってジョージマイケル状態になっちゃったりしちゃったらどうしよう・・・

その前にアタシが一人で下見に行った時のこと・・・下見よッ!!
そのトイレは大都会の一角。現在近くが工事中で、死角になっている所にあるんだけど。小便器が3つ、大便器が2つの小さなトイレ。しかし、中に入ると明らかに歩くカミングアウトなゲイが5人ほどひしめき合ってるのよね。もっさり感で息苦しいんだけど、ちょっと多すぎない?
とか思いつつも、アタシもなんちゃって用を足しに・・・
すると隣のおっさんが、いきなりアタシのテムテムを覗いてくるのよね。

「ちょっとなによっ!! 
 アタシはノンケよっ!!」

「あらヤダ。軽く半勃ちのくせに
 よくそんな白々しいこと言えるわねぇぇ
 そんなことより、ちょっと触らせなさいよ!!
 もしくわ触りなさいよッ!!!!」


怖くなったアタシは、その場からスゴスゴと出ていくんだけど、おっさんは付いてくるのよね。怖いわ!! なにこの強引なやり口!!
なんとか地下街で巻いたアタシはそのまま、タイ式古式マッサージへ・・・アタシもこのへん切り替えが早いっていうか・・・もちろん男性スタッフ希望で。

行きつけのマッサージ屋なんだけど。その日は、アタクシ同様ジャニ系のタイ人スタッフはお休みで、代わりにいたのがネパール人スタッフ・・・
電話で予約したので、顔も見ずに「その子でお願い」って言ったんだけど。



「ハジメマシテ。ネパールからキタヨ。アンタドココッテルか?」


「ちょっ!!マジなの!?」
しかし、予約したもんだから、仕方なくマッサージをお願いしてもらうことに・・・しかも2時間コース・・・。
ぶっちゃけ、その後半月も、もみ返しで苦しむことになろうとは予想もしてなかったわ。
確かに、実地中、心地の良い痛さではなく、ひたすら痛いだけだったんだけど。真剣にこってたんで我慢してたんだけど。痛いときは「痛い」と言った方がお互いの為にも良かったみたい・・・

しかし後半のオイルマッサージの時、ちょっとしたサプライズが。
パンツをほとんどズラされて、ケツのほっぺたまでマッサージをッ!!

やるわねネパール人。しかしそれだけで時間終了。恐ろしく欲求不満のまま、帰るハメになったわ。ヌキ無しなのね(泣)

股間が我慢汁で濡れたまま、家路へ急ぐアタシなんだけど。帰るついでに再び例のハッテントイレへ・・・
多分、しつこいおっさんと別れてから、かれこれ3時間は経ってるかしら。
そのトイレへ入ると・・・





「おかえり。また逢ったわね・・・」

「って、おまッ!! なに!?
 ここに住んでるの!?
 ハッテントイレの神様〜〜〜!?」


1回目行った時には繁盛してたハッテントイレ。帰りに寄ったときにはガラガラで例のおっさんだけだったわ。絶対、おっさんのせいよね。てかアタシもアタシだけど。

ここで思ったのが、ハッテントイレの存在。
はっきり言って、公共の施設なわけだから、持ち主にしてはかなりの迷惑。
このトイレは落書きや壁の穴なんかは無いので、まだマシだけど。警備員や掃除婦の巡回を増やしてゲイ対策を練っているみたい。しかし、ハッテントイレの神様が住み着いてるわけだから、しばらく戦いは終わらないっぽい。
工事が終わって、死角でなくなったら、平穏な公衆便所が戻ることでしょう。
てかアタシなにしに来たんだっけ?




コメント