パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


自家製「トムヤムクン鍋」

こんばんは。ジャニーズ全員With森光子でございます。

アタクシ、何を隠そう、実はタイ料理を作るのが「わりと得意」なのでございます。
あくまでも「わりと得意」なので、まだまだハッテン途上ではあるんだけど。
そんなこんなで先日、家でトムヤムクンを作ることになって。どうせ作るのなら・・・と、家にある一番デカイ鍋で作ったわけなんだけど。もちろんトムヤムクンも、アタクシ「わりと得意」です。

材料を全て揃え、恐れ多くもトムヤムクンの本場であるタイ人のカレの目の前で作り始めたアタシ。アタシこう見えて、料理は、超めんどくさがりの男の料理。ザックザックと適当に切り、そして適当に鍋にぶち込む!! それ基本。しかし最後にはなぜか丸く収まるのがアタシの料理。んなもんだから、水の入った鍋に火を掛けながら刻んだ「レモングラス」「タイショウガ」「コブミカン」そして鳥やのエビやのキノコやの・・・なんのためらいもなく、ゴンゴン放り込んでる様子を、タイ人のカレは鋭い目つきで見てるんだけど。
そこで何気に「ナス」挿入。 そこで、カレが急に



「ちょっと!! ナニ入れてるカ〜〜ップ!!
そんなモノ、トムヤムクンに入れな〜いダヨ〜〜!!」

だって・・・
以前も、炒め物にトムヤムペーストを入れたり、鶏モモに直接トムヤムペーストを塗って焼いたりしたときも、同じようなことを言ってはったんだけど

「料理はもっと自由な発想で。頭固いのは良くないわよ」って感じかしら・・・

その後もカレにギャーーギャーー(とにかくうるさい)怒鳴られながらも「トムヤムペースト」と隠し味の「チリペーストインオイル」(ってタイの調味料)もちろんタイのとんがらしは、次の日、燃えよ肛門警報発令中レベルで。タマリンド、ナンプラー、レモン、ニンニク、パクチ・・・・
最後に隠し味と言いつつ、隠してないほどに大量の「味の素」

味の素ってほんと魔法の粉よね。入れれば入れるほどに味が美味しくなる。コカインの成分でも入ってるンじゃないのかと思うほど、おいピ〜〜〜〜〜!!

そんなこんなで完成。


写真では分かりにくいんだけど、そうとうデカイです。長さは軽く20センチは超えてるかしら・・・太さは人差し指と親指の先が付きそうで付かない感じ。アゴは完全にだるく、無理矢理突っ込むと涙を流して嘔吐く。かといって柔らかくは決して無く。相当堅く、ビクビクと腹に波打ってはカウパー液を垂らす。

味は、日本のタイ料理屋で食べるよりは全然辛いですが、大量に食べることを想定して、薄味にしています。二人で食べるにはやはり多すぎたみたいで、残りは近所の知り合いのタイマッサージ屋へ持って行ったら、みなさん「美味しい美味しい」と言って頂けました。

ちなみに「料理は自由な発想で」とは言いながらも、トムヤムクンに「大根」と「白菜」は禁物です。とにかくトムヤムクンが「和」になってしまうのよ。大根と白菜がトムヤムペーストに勝って、水炊きか味噌汁のようになっちゃうのよね。恐るべし和の素材。
それと書くの忘れてたけど、タマネギは味に深みが出るのでポイントよ。

これからもタイ料理のレパートリーをもっと増やして、タイ料理屋でも開こうかしら。

コメント