パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


宝塚月組公演「バラの国の王子」「ONE」


こんばんは、戸川純です。
本日は宝塚雪組公演「バラの国の王子」「ONE」を観劇してまいりました。
「バラの国の王子」の原作は「美女と野獣」です。アタシ、美女と野獣は四季もディズニーも見たことがなくって、内容はぜんぜん知りません。見た感想は、単純なおとぎ話しって感じ。
しかしその単純さが良かったわ。最近の宝塚は小難しいストーリーのが多かったような気がしたんで、逆に単純さが心地よかったし、それに泣いたわよ。


野獣を愛してしまう商人の娘・・・
野獣を愛するってことは、きっと彼女はビー専で熊専。最後、魔法が解けて人間に戻ったときはさぞかしガックリしたことでしょう。

霧矢大夢さんの暖かい演技と歌声にしっとりお湿りしておりますと、そこにピリリとスパイス的キャラで現れるのが星条海斗さん。今回は女装で登場。イケズで調子が良い娘の役です。マダムヴォルフのコレクション的な迫力で、なかなかすごかったわ。

それはそうと、帰り宝塚駅に向かう途中、ソリオの入り口にある花屋さんのとこにOSKのポスターが張ってあったんだけど。よく見るとそこにも星条海斗さんがいるのよね。
どういうことかしら? 掛け持ち?

右が星条海斗さん。

しかし宝塚とOSKの掛け持ちってすごいわよね。死ぬほどヘビーローテーションだと思うんだけど。

コメント

  1. ゆめみしさま
    ゆめみしさまがきりやんをほめてくれてうれしいです。
    私が観劇した日、ゆめみしさまのライバル、星組のみやるりちゃんが
    麗しい袴姿で募金を募っておられました。
    大きな瞳に吸い寄せられるまま、塚マダムが作ったのお札の山に
    「ちゃりん」と硬貨を投下して参りました。
    みやるりちゃんかわいかったです!

    返信削除
  2. おたちさま・・・いや、おねこさま。いつもご閲覧サンクスコ!!

    アタシ、誠に勝手ながら、出所不明の募金箱には、たとい子供たちであっても募金しません。
    しかし、タカラジェンヌたちが自ら募ってる募金箱に関しては、それが万が一「さよならパレードのベンツ代」となっても寄付させていただきます!!
    さらにさらに、それが、みやるりさんともなると、さぞかし財布のヒモが、アタシのアナル同様にゆるんだことでしょう。

    アタシは、運が悪いのかジェンヌさんが直接募金活動してるとこに出くわしたことが無いのよね・・・
    まぁ、嫌いな人だったりしたら
    「ご縁がありますよう〜に!! チャリ〜〜〜ン!!!!」
    ・・・・よね。

    返信削除

コメントを投稿