パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


宝塚星組公演「ノバ・ボサ・ノバ」「めぐり会いは再び」


こんばんは!!そしてお久しゅう!! 公衆便所だぉ♪
本日は宝塚星組公演「ノバ・ボサ・ノバ」「めぐり会いは再び」でございます。
「ボッサ」はアタクシ初体験でございます。ある人曰く、「ボッサ」は「ベルばら」以上にチケット入手困難な筈・・・・とのこと。
アタシも楽しみにしてた公演の一つだったんだけど、手に入れたチケットの座席が1列目の1番!!
死ぬほどド派手なショーと訊いてたので、前すぎるSS席なんかより、真ん中位のセンターブロックが欲しかったんだけど、このときに限って1列目てあ〜た!! しかも1番てあ〜た!!!


ぶっちゃけ本来のボッサの魅力の半分も味わえない、糞席だったと思うわ。ご贔屓さん目当ての何回も見てる人には良席だろうけど、アタシには糞よ・・・

ああぁぁ・・・せっかくの「ノバ・ボサ・ノバ」を、こんな隅っこで観るなんて・・・藤井大介さん、アタシのをかき回して!!
とかなんとか思っておりますと、客席によその組子たち登場。10人位来たかしら。その中でもアタシの注目は十輝いりすさん。個人的に、あの天然メンズスーパーモデル癒し系がたまらなく我慢汁だわ。

そしてボッサなんだけど、とにかく派手で、1番隅ながら見上げるように観てたんだけど、それでも最高のショーでした。アタシは男根の世代でもなんでも無いから知らないんだけど、相当、安奈淳さんの「ボッサ」を忠実に再現してるそうです。柚希さんの歌も少し意識してる感じだったそうです。(アタシは知らない)
今回の演目でアタシの好きな美弥るりかさんをいつもながら注目してたんだけど、妙に気になるのが真風涼帆さんの存在。水夏希さんに檄似の彼女です。このままじゃアタシの気持ちが揺らいでしまいそうな、格好良さ、そしてさり気なさ。演技が出しゃばってないのに、しっかり存在感がある、って感じで「会」に入ろうか迷うほどだったわ。「会」あるのかしら??

そして娘役トップの夢咲ねねさんなんだけど。彼女、宝塚っていうよりモー娘系?(モー娘って今古いの?) って感じで。完全に男子から指示を得られるようなあひる口に、アタシ、敵意むき出しにしてたんだけど、いざ彼女の演技を観ると、全然モー娘でもノーランズでもなくって、気品に溢れた、まさにタカラジェンヌ!! さすがやるわね。彼女は退団後も喰いっぱくれはなさそうだわ。アイドルとして遅ればせながらの再デビュー出来るかもね。ちなみにアタクシ、出会い系の写真でアヒル口してる人は避けます。

そして話しはいきなり飛んで。二部の「めぐり会いは再び」なんだけど。一部のショーで1時間半使った分、二部の演劇は1時間ほどに縮小。「ボッサ」のついでの作品・・・と思われがちだけど、アタシ的にはすごく面白かったわ。とにかく話しが良く出来てて分かりやすい。時間の短さで転回が早かったのもプラスよいんかもね。

それよりもミュージカルの後のちっちゃいショーなんだけど。
春とあって宝塚音楽学校卒業生の初舞台となる今回のショー。当然ながら、エロいノンケおやじは、1階1列目SS席でオペラでロケットダンスの股間をガン見する季節。
その卒業生のロケットダンスで全員が舞台の袖に捌けた後、花道に一人残って狂ったように踊る人が1人!!

「なにあの子!!!!」


劇団が押してるのか知らないけど、あの扱いは、また宝塚好きの女連中の怒りを買いそうで怖かったんだけど。演出家なのか劇団側なのか、はたまた轟サイドなのか知らないけど、またもや話題性がありそうな演出だったわ。しかもアタシの目の前で踊りまくってたし。ちょっと驚きました・・・アタシへの挑戦かしら?

またまた話し変わって。春なので「宝塚おとめ」が出ました。


今回は「宙組」が表紙です。
注目は大空祐飛さんのバックの色です。みなさんなんとも言えない初めての色に「気持ち悪い」と言ってるみたいですが、これはまさしく阪急電車の色です。宝塚が阪急電車の色で勝負を掛ける。これは当然の成り行きでしょう。
そして、中身を見て2〜3思ったのが。雪組の娘トップが「舞羽美海」さんになってること。前回ロミジュリで娘トップは研1の「夢華あみ」さんと「舞羽美海」さんとでダブルキャスト。実質「娘トップ不在」という形になってたんだけど。今回の「おとめ」で「舞羽美海」さんで確定ということになるのかしら?? まぁ当然の順序よね。研1でトップなんて、ぶっちゃけ半分肩たたきしてるようなもんだし。
そしてもう一点。どうでもいいことだし、アタシが間違ってるのかもだけど。その夢華あみさんの写真の位置は当然96期生の中なんだけど。前回、同期生全ての中でトップの位置だったのが。今回、組み分けしてかなり減ったってのもあるけど、それでも下から2番目になってるのよね。なんだか色々考えちゃうわ。・・・え? どうでも良い?

そしてそして、再び話し変わって。肛門痛いわ。

コメント