パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


プリズンブレイク4


こんばんは、和音美桜でございます。
今回もアタシがハマってるアメリカドラマ。プリズンブレイクもシーズン4にして最終章。実はとっくに終わってるドラマなんだけど、アタシは最近見たのよ。
もともと、シーズン1位で終わる予定だったそうで、途中から無理からに伸ばし伸ばしの、強引なストーリーになっていたのは、アメリカならでは。視聴率が取れたら無理からに伸ばし、ダメだったら途中でバッサリ切り落とす、現金主義よ。
この作品は視聴率が良かったので前者。後半はプリズンもブレイクしなければ趣旨が完全に変わってて、何気にそのまま「渡る世間は鬼ばかり」とすげ替えても気がつかない感じ。


医師のタンクレディーは途中でリアル妊娠で番組降板(たぶん)。切り落とされた生首まで披露したくせに、後になって「やっぱり生きてました〜〜〜!!」的なあり得ない展開。
このシーズン4では更に話は無茶苦茶。思いついたエピソードをひたすら詰め込んだって感じがしたわ。10分テレビから目を離すと、内容がぜんぜん変わってるのも当たり前。少し目を離すと、タンクレディーの腹からエイリアンが飛び出したりなんてのも充分あり得る感じだったわ。そのせいで展開が早い。かったるさはなかったわね。
だいたい「謎の組織」ってなによ!!
シーズン1は「対アメリカ合衆国」だったのに、後半は「謎の組織」
適当にもほどがあるわ。
そして意外すぎるラストは残尿感というより、ヲナってからしばらくして、おしっこしに行くと我慢汁がダラリと流れる・・・そんな感じがしたわね。

まぁでも、面白くて寝不足になったわけだけど・・・

この後、おまけエピソードである「ファイナルブレイク」に繋がってるみたいだけど。「最後の荒稼ぎ」のような作品らしくって。「見なくてもいい。」って言われたわ。
売れるからって、オリジナルまでもダメにしてしまうような商売はまるで、昔あった「第一章」「第二章」と続いた曲みたいだわ・・・

コメント