パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


aussieBum(オージーバム)新商品 新もっこりパンツ


こんばんは、「マチコフテコ」のフテ子です。
下着というのは、恋人もいなければ誰に見せるわけでもない、隠されたオシャレです。
「シャツはアルマーニだけど、その下のTシャツは機能的なユニクロです。」的な見えなければ、ぶっちゃけ何ンでも良い物なんだけど、ゲイは時折、下着にこだわります。

そして、アタシがたまに買う下着メーカーなんだけど。その一つが「aussieBum」(オージーバム)というオーストラリアのメーカー。ネットで購入するときは輸入扱いになります。
しかし、ワールドワイドに営業を展開してる会社なので、もちろん日本語にも対応。誰でも簡単に買えます。ちなみにサイトはこちら



この下着屋の売りは、Wonder Jockと言われる、いわゆる「チンチンでかく見えるパンツ」です。仕組みはコックリングを使うタイプなんかは他でもあるんだけど、それじゃなくって、内側にチンチンを入れるポケットが付いていて、そこに入れておくことで、常にベストペニポジ!! それによってモッコリ感がアップするんだけど。アタシのばやい、それを履くと、驚くほどにビッグバンベイダース!!
ほとんど、末端肥大症に近い勢いだったわ。うふッ♡

そのaussieBumなんだけど、新商品でWonderJock Proと言うのが出ました。
本来のWonderJockより、更にモッコリ感アップのパンティーです。値段もボッタクリカルバンクラインとかに比べると、全然良心的。しかも海外からなのに送料がタダ(ちなみにこの時は5千円ほどのお買い物)早速、買い物かごに入れたわよ。あとはエアーメール便で届くのに一週間前後待つのみ。楽しみだわ。ほほほ〜んッ!!

それからしばらくして。ピンポ〜ン!!とインターホンが・・・

「こんにちは郵便です。ポストに入らないので直接受け取って下さい!」

と郵便屋さんの声が。そしてアタシは例のごとく。






「あら、オージーバムからかしら?
荷物そこに置いててちょうだいッ!!」





「ぎゃ〜〜〜〜〜!! 噂通りだ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!」

相変わらず、脈の無い配達人だこと。ちょっと前の警察官の住民調査の時は、もう少し脈があったのに・・・
と不平を垂れながら、包みを激しく裂くと、早速試着しました。
もうね・・・末端肥大症を超えて、ジョンメリック症候群(エレファントマン)の域に達したって感じかしら。銭湯で、このパンティーでうろついた日には、ノンケでも思わず直視してしまう。そんな勢いだったわ。これが詰め物無しのモッコリ感だなんて、アタシも罪な男よね・・・ほほほ〜〜〜ん!! 負けるもんか!!!!

コメント