パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


宝塚月組公演「アルジェの男」「ダンスロマネスク」

こんばんはゆめみし・・・またの名を菊指ってなにさ? でございます。
本日は宝塚月組公演「アルジェの男」「ダンスロマネスク」を観劇してまいりました。
ちなみに宝塚観劇は久々のアタシなんだけど、例のごとく世界の盗塁王福本選手とまたまた鉢合わせてしまいました。SS席、年間契約でもしてんのかしら?

花總まりさんからハマッた宝塚なんだけど、それを基準に他の組の公演を観て、毎回思うことが、娘役トップのポジションが作品によって、エラク粗末な扱いなときがあること。
この「アルジェの男」も娘トップが3人いるような演出でした。
特にメクラの少女は霧矢大夢さんに捨てられ、自殺してしまうんだけど。その後、触れず触らずで、彼女はいったい何ンだったんだ・・・って感じだったわ。




霧矢大夢さんの演技はとても暖かく、何よりも歌声が今時珍しく身体の芯に響く、通る声で感動させてくれます。
月組って全体的に歌が上手い感じだわ。
それより星条海斗さん、さらにゴツくなったような気が・・・
なんだか張り手されると吹き飛ばされそうな威圧感で迫ってくるんだけど・・・実際、生で見るとスーパーモデル体型。以前OSKのポスターに星条海斗さんにそっくりな人を見かけたんだけど、宝塚とOSKの掛け持ち疑惑も捨てきれないわね。

ショーの「ダンスロマネスク」はとにかく派手!!
舞台セットに死ぬほど金掛けてるって感じだったわ。

コメント