パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


「The Rite」観ました。

こんばんは、新開地ヒルズ族の「セレブ・橋の下」です。
友達のサタニストでサユリストの怖い人が「The Rite」という映画にいたく感動してまして、アタシに映画館へ行くようにと、ブードゥーの呪いと共に勧められたんだけど、アタシには呪い効かず。映画館の時間に合わせて、自分が予定組むのが嫌いなアタシは、結局観ることが出来なかったんだけど、意外と早くDVD/BD化されたので、早速購入して観ました。



実はアタシ、大のホラー好き。一番好きなのはアルジェントと毒々モンスターなんだけど、エクソシストのようなマジでちょっとヤバイようなのも大好き。
そのエクソシストの話がこの「The Rite」なんだけど、あのエクソシストより現実的でドキュメンタリータッチに作ってるみたいです。てか実話らしいわ。
そんなもんだから、実際見てみて、首がぐるぐる回るわけも無し、緑のゲロやブリッジして走り回ることもなく、どことなく派手さは無かったわ。それだけ真のエクソスティックな作りになってるみたい。
あ、ちなみにエクソシストとは悪魔払いの事ね。日本でいう織田無道ってとこかしら・・・織田無道ってサムソン系よね? 今、何してんのかしら。

そして映画の中で、悪魔払いで最も重要なのは相手(悪魔)の名前を知る事だそうです。
悪魔の名前を知ると、その悪魔を支配し、取り憑いてる人から解放しやすいとか・・・
まぁ要するに「どっか行け!!」とか「おい!! お前!!」とかやみくもに言うよりも、名指しで「おい、そこの鈴木!! あっち行け!!」と言った方が「お、オレ〜〜!?」となるのかもね。

映画「エクソシスト」で少女リーガンに取り憑いた悪魔は「パズズ」というアッカドに伝わる悪魔で、今回の「The Rite」でも、後半アンソニーホプキンスが叫ぶ悪魔の名が重要なキーワードになってます。
実際、友達のサタニストは、その名を聞いて、エラク興奮したそうよ。

ルーカス神父は悪魔に支配され、すっかり我を失っていた・・・
最後の望みは、若いエクソシスト、マイケルただ一人だった・・・(どちらも実在の人物がモデルとなっています。)

「名を名乗れ!!」

悪魔は答えない。それどころかルーカス神父の身体を蝕み、死の恐怖をあたえる。

「名を名乗れ!!」

そのままマイケルと悪魔との格闘は続く。そしてとうとう、悪魔が答えたのか、ルーカス神父の最後の力なのか、自分に取り憑いた悪魔の名をルーカスは叫ぶ。




「ぬらりひょん」


コメント