パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


中島みゆき「荒野より」


こんばんは、布にシュシュッとファビョリーズでございます。
本日、尼さんで予約してました、中島みゆきさんの最新アルバム「荒野より」が届きました。もちろんオージーバム末端肥大症パンティーで佐川の兄ちゃんお出迎えでございます。

今回のアルバムで通算オリジナルアルバムは38作目だそうです。すごいわよね。音楽界の「こち亀」といったとこかしら。こち亀の176巻をぜひ超えて頂きたいものです。
実はアタシ、個人的にシングルの「荒野より」は、なんか普通な感じがして、それほどでも・・・って感じでした。「バクです」も同じ。どちらかというと、キムタクの「南極大陸」と裏番組の同じくキムなんとかっていう「ぼくと彼女のなんちゃらかんちゃら」とかいうドラマの視聴率競争が気になるわ。まぁ、ドラマはどちらも見てないけど。



しかし、今日届いたアルバムを聴いて、ちょっと感動。
最近ロック風味な傾向にあるのは相変わらずなんだけど、9曲目の「旅人よ我に帰れ」を聴いて、曲の後半「夜会VOL.7 2/2」の挿入歌「幸せになりなさい」の一部が歌われていたのが感動。
今年の夜会は「2/2」の再演なんだけど、噂では内容が全然変わるとか何ンとか。今までは夜会が終わってから、次のアルバムで挿入歌が入ったりはしたんだけど、今回は夜会前にアルバムに入ったわけだから、もしかすると他の新曲も今回の夜会で歌うかもしれないわね。
その流れで行くと10曲目の「帰郷群」も2/2で歌いそうな感じだわ。歌詞の中の「
誰かが私を憎んでいる」って部分がVOL.7の2/2で使われてたような気がするし・・・ごめんなさい、DVD持ってないのよ。昔、見せてもらったときのうろ覚え。

でもいつまでもパワフルな歌声でとても良かったわ。夜会が楽しみ。

コメント