パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


映画『エスター』 ※ネタバレあり


注意:恐怖映画『エスター』ネタバレあり。

こんばんは!!セカンドライフでしか生きる意味を見いだせない民たちよ!!!
お久しぶりです。ヒッキー・コモリです。
なぜ日記を更新してなかったのかと言いますと、実は最近プレステ3を買っちゃいました。
今更!!
って感じよね。しかもプレステ4が来年出るとか噂もあるし。買った後聞いて、軽く泣けたわ。
と言うのも、セインツロウ・ザ・サードというゲームが、どうしてもやりたくて死にそうだったからよ。それを日記にすれば良かったんだけど、めちゃくちゃハマってて、ブッチャケ、それどころじゃなかったのよね。でも安心して。もうクリアーしたから。

それで、ゲームも落ちついたことだし、最近観た映画のお話。
ネタバレありなのでご注意を・・・



それはそうと、最近、アタシ、スーパー銭湯やサウナ施設にハマってまして、近所のサウナも改装してからというもの、施設内に死角を作ってしまっちゃったが故に、すっかりゲイのホットスポット化してるみたい。
先日も、そこへ行ってきたんだけど。
ぼちぼち風呂から出ようとしたときに、目の前の兄ちゃんがアタシにアピってきたもんだから、アタシも負けじと、右脳使いまくりでがんばってようやく半勃起。
お互いにそのくり返しで、全然進展しないまま、ほんとのぼせたわよ。のぼせ上がったわよ!!
もともと、のぼせ上がった性格なのに、熱い風呂場で半勃起なもんだから、すぐさま露天で火照った身体を冷やしてたわ。
しかし、あの状況下でも、ギンギンにおっ勃ててるオヤジなんかも、たま〜に見かけるんだけど、ほんと尊敬しちゃうわ。

あ、それで映画なんだけど。エスターという少女が養子として、とある家庭に住むことになるんだけど。映画の前半で「こいつ、子供じゃないわね。」と思ったわ。まぁ結局は正解だったんだけど。要はホラーではなくサスペンス映画だったわ。
真実を暴くにつれ恐怖する母親を、全く信用してくれない周りの人間たち。旦那が気付いた頃には、時、既に遅し過ぎ。周りの人間で一番マトモだったのが、オシの末娘だけ!!
どことなくアナル『ローズマリーの赤ちゃん』と『エクソシスト』に『白木みのる』のエッセンスを加えて割ったような作品に仕上がってました。
ズルズル後を引く、イヤ〜な気分になるキュートな作品だったわ。

それで思ったのが。近所のサウナは既に固定メンバーで収まってる感があるわ。
地方サウナなんで、アタシを除いて4人程度。そのうち1人は煮ても焼いても食えないオヤジなんで、その人がいるときは、その日は終了。何ンにもデキナイ。

「ハッテントイレに妖精が住みつくと閑古鳥が鳴く。」

の状態になるわ。
アタシもぼちぼち、ここを卒業かしら。





コメント