パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


フラッシュゲーム『Infectonator2』


♪タ〜カラヅカ ビバ!! タ〜カラヅカ〜(ビバ、ドンドンッ!!)
清く〜正〜しく美し〜く〜♪(ふワッ!!ふワッ!!)←モー娘。風に

こんばんは、ゆめみしです。

先日から復活風味な、引きこもりで喰われノンケのDJとはじめたDiablo2が、最近になってまさかのラダーリセット!!
Diablo2はオンラインのラダーキャラというのが基本系。
れに比べて、非ラダーキャラとオフラインのシングルプレーキャラは面白さ半減。ラダーにしか存在しない、重要アイテムやイベント、その他モロモロを入れると、ラダーがまさに旬。


ラダーリセットは数年に1度行われるわけで。リセットが入るとそれまで育てたラダーキャラは全て鬼畜にも非ラダーへと格下げ。再び全員一からのスタートとなるわけ。
非ラダーとして、遊んでも良いんだけど、それでは、昔取った杵柄をいつまでも自慢し続ける悲しい男根の世代の産物でしかないのです。
かなりの脱力感にはなるものの、それでもまた始めると、睡眠を削ってでもヤリ混んでしまうとこが、10年以上続いてる、鬼ゲームの凄いとこよね。何ンかもうすっかりロマンティックが止まンないわッ!!

そのラダーリセットが復活して半月ほどで来ちゃったわけね、アタシの場合。
つまりアタシの汗と涙の半月は、全て無駄だったってことよね・・・ふッ。
言い方を変えると、半月で済んだのはまだマシな方かもだけど、少し休憩って感じ。
てか、後、10日ほどでDiablo3が出るから、別にどうでも良いんだけど!!

・・・・・・って、そんなマニアックな前置きはさておき。
本日はフラッシュゲームの『Infectonator2』です。

ソース
http://armorgames.com/play/13150/infectonator-2

前置きが長すぎて、画像がすっかり流れ風味なんだけど、記事のトップの画像がそうです。
内容は、町中にゾンビウイルスをばらまいて、市民をゾンビ化。
そのゾンビが他の市民をカジカジして、感染を増やし、町を破滅させるのが目的。
最終的に世界を破滅させるとゲームオーバーなンだけど、結構ハマルわよ。

最近ゾンビがキモカワユスとか言われて、流行ってるみたいなんだけど、これもそれもバイオハザードが勃起人となったのかもね。


コメント