パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


オープンしては潰れるゲイマッサージの店




こんばんは。ビッチだお〜♪
先日...日課の「本日のおかず探し」でネットサーフしてますと、偶然見つけた動画。
ラテン系の二人が激しく絡み合ってるんだけど。その人の足に「悟空」タトゥーが...
やはり、ジャパニメーションMANGAも世界中の心を掴んでるみたいで、ほっと一安心したワンシーンでした。
ちなみに、臭い女性のアソコのことって「マンガ」とか「オメガ」とかいうのかしら?


ま、死ぬほどどうでも良い話しはさておき。最近めっきり行かなくなったゲイマッサージ。なぜ行かなくなったかというと。金がもったいないからよ。
売り専より、マッサージ店のくせに、なんだかイケナイ事やってるようなドキドキ感が好きなアタシは一時ハマって。いくらセレブリティーなアタシでも、破産しかけた経験もあるし、しばらくご無沙汰だったんだけど。
久し振りにマッサージサイトを覗いてみると、アタシの知らない店が一杯オープンしてたわ。
ホームページを色々見ては見たものの、これと言って聖子ちゃんのように「ビビビ」と来る店が無くって、結局、妥協...というより、適当に決めちゃったんだけど。結果として、ダメだったわ。
まず、ホームページにスタッフの顔写真(たとえ、はっきり写ってなくても)せめてプロフィールが載ってないとこは、ちょっとアレかも...
実際出てきたのはピッコロみたいなのだったわ。ほんと帰りたかったんだけど、完全予約制だし、もちろんチェンジも不可。
ゲイマッサージに技術なんて最初から求めてないので、結局、そのまま実地が始まったんだけど。やはり、アタシは基本「来るもの拒まず」しっかりと、おっきなったわよ。
顔はちょっとアタシの趣味に合わなかったんだけど。ピッコロ顔もカバーするほどのテクニックがあったから、まぁ良かったわ。
でも、二度と行かないと思うけど。




コメント