パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


宝塚星組公演『ダンサセレナータ』『Celebrity』


こんばんは、上質な肉便器でございます。
本日は、宝塚星組公演『ダンサセレナータ』と『Celebrity』を観劇してまいりました。
始め、この2本のタイトルを聞いたとき「なんだか観る気しないわ〜〜」な〜んて思っちゃったンだけど、タイトルのダサさは今に始まったことじゃなく、宝塚ならではのセンス。逆にこの今時「昭和感」が心地よかったりするわ。
このセンスは宝塚か谷村新司かっていうとこよね。ん〜〜.....ダンディズム!!


幕が上がって舞台に宙組の十輝いりすさんがいたのにビックリ。あ、そういや組替えがあったんだったわ。今じゃどの組も均等に見てるんだけど、昔は宙ヒイキだったんで、そのときからずっと好きだった十輝いりすさんが星組にいるのが、すごい違和感。まぁ、すぐに馴染むンだけど、ずっとガン見してたわ。ナイスガイ!!

そして本日はトップスターの柚希礼音さんの誕生日らしく、劇中にサプライズということで「お誕生日おめでとう」とか「ハッピバースデー」とか言われてはったわ。
そしてアタシの今後、最大のライバルになろう男、真風涼帆さんが女装姿!!
うげ〜〜ッ!!.....と思ったンだけど、なンかかわいい。女にしとくにはもったいなさ過ぎ。
それと、星組を観に行く最大の理由とも言える、何かが憑依したかのような演技をする、注目ジェンヌ、紅ゆずるさんなんだけど、今回はあまり憑依しませんでした。残念。
しかし、誕生日のサプライズもありで、なかなか楽しい観劇だったわ。新男たちの挽歌!!




コメント