パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


夜中、知らない男から声をかけられたんだけど、アスペルガー症候群っぽい。


こんばんは。「はじめてのおつかい」の番組が死ぬほど嫌いなゆめみしでございます。

アタシが仕事を終えて、家路に着くのはいつも夜中なんだけど。最近、その帰り道の途中の暗がりに、毎日ではないんだけど、同じ男が立ってるのよね。
見た目はジミー大西っぽいんだけど、ちょっとガタイの良いイカニモ系の兄ちゃんって感じ。
何をしてるって訳でもなく、ただそこの暗がりに立ってるだけなんだけど。
ある日、いつものように、その場所を通ると、例の兄ちゃんが突然アタシに声をかけてきたのよ。


「こんばんは、暑いですね。」

「こんばんは、暑いわね。」

え? ここって実はハッテン場だったのかしら??
とか思いながら、怪しいんだけど、悪い人じゃなかったっぽかったから、その後少し会話を交わしたんだけど。
どうも様子がおかしい...

何がおかしいかって。とにかく話の内容が「支離滅裂」。動きは「挙動不審」。
しかも初めて会うのに、会社でイジメにあってるそうで、ひとしきりイジメの内容をベラベラと早口で話すと...

これってイジメですか? 脅迫ですか?
僕が悪いんですか? 周りが悪いんですか?
どうなんですか?


...と、訳の解らないことを、ひたすらマシンガントーク。アタシが適当に「イジメかなぁ〜。」とか言うと「やっぱりそうなんですかッ!!」とか言って、頭をかきむしりながら、ぐぅぅぅ...っと、しゃがみ込んで半泣き。

ほんと、挙動の全てがジミー大西にそっくりだったわ。

あの手の精神が少し普通じゃないタイプの人間なんだわ、きっと。
とか思っていると

「実は僕、障害者なんです!!」

とか急に言い出したんだけど、誰が見たってそんな感じだったんで、別に驚ろきゃしなかったわ。近くで見ると、鼻毛ボ〜〜ンだったし。

んで調べると「アスペルガー症候群」とかいう、精神の病気があるそうで。
彼がアスペルガーなのかは知らないんだけど、症状としては...

一般人は社会に対して、浅く広く対応するのに対して。アスペルガー症候群は狭く深く。他が欠けてる分、一つのことに集中して、人より優れる傾向にあるそうです。
天才と基地外は紙一重と言うアレなんでしょう。

有名人で疑いがあるのが、織田信長・坂本龍馬・アインシュタイン・ベートベン・レナオルドダヴィンチ・エジソン・ゴッホ、などの歴史上の人物から。
ビルゲイツ・さかなくん・GAKUTO・イチロー・泰葉・鳥居みゆき・ジミー大西・岡本太郎...などなどがあるそうよ...ほんとかしら? って人も混じってるような気が...

まぁとにかく、少し得体が知れない怖い部分もあったわ。急に泣きながら、
まあああぁぁぁああッ!!!!」とか叫びながら刃物持って暴れ出したりしたらどうしよう、とかも思ったし。
※注意:アスペルガー症候群の症状の事を言っているのではありません。

んで。たまに急に話しが終わったかと思うと、ジーっとアタシのこと見つめたり。
話しの合間合間でチンチンいじったりするんだけど、それってアタシへのアピールかしら? 
※注意:アスペルガー症候群の症状の事を言っているのではありません。

とか思いながらも、しばらく話し込んで。そのまま帰ろうとしたんだけど。
彼はアタシのこと気に入ってくれたみたいで、家が逆方向なのに、しばらく付いてきてくれました。
でも、それが逆に何ンかヤバイ風味。

アスペルガーの狭く深い部分が「アタシ」とかになったりしちゃうと、後がめんどくさそう...っていうか、命の危険を感じそうなんで、途中上手くまいて自宅の六本木ヒルズへと帰ったわ。完全にこれって偏見よね。多分、そんなに危険じゃないと思うわwww

......多分。




コメント