パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


【タイ旅行2012】その4「最終日はバンコクで1泊」


こんばんは、ポリニャック公爵夫人でございます。
タイの旅、最終日はやはりバンコクでございます。
パタヤも良かったんだけど、やっぱり遊ぶとこが多いバンコクの方が好きかもしれないわ。パタヤはのんびりするのには良いわね。あとパタヤッ子は純真で愛想が良かったわ。バンコクッ子も愛想は良いけど。パタヤよりちょっとすれた感じがあるのよね。
と、まぁ、上写真の、清々しいバンコクのどぶ川が、アタシを迎えてくれたわけなんだけど。

最終日とあって、一目さんに向かったのが、サラデーン駅の南にあるショッピングモールの2階と3階のトイレ。そこ、強烈ハッテントイレスポットよ。
鼻息荒く向かったんだけど、なななんと、ビル自体が改装工事中!!

ちきしょーーー!!

ってことで、旅最大の楽しみだった、ハッテントイレの予定は無残に消え去ったわ。そこ以外のそれっぽい公衆トイレも見て回ったけど、それといった雰囲気はなかったわね。
でも、改装中のハッテントイレも以前は、警備員が豆に巡回する対策を取ってたので、やはり公共の場でのハッテンは迷惑行為、特に白人のお爺さんは大胆です。ですので、皆様も、決してネクタイで目隠しして、全裸で大便の個室ドア全開で、ハァハァするのは止めましょう!!

結局バンコクでは、チャカーンとバビロンというサウナを堪能。移動はだいたいモータサイと言われるバイクタクシーで、必要以上に股間を運転手のケツに押し当てて。兄ちゃんの腰をガッチリ掴み、個性をアピールしてやったわッ!! ほほほ〜〜ん!!!!

んで、その後。うまい棒を500本持って、愛人がいるマッサージのお店へと向かったわ。(この愛人、アタシは金目的じゃないと思ってるから)

大きなビニール袋に無造作にうまい棒を500本入れてたもんだから、道行く人が「それは何?」と訊いてくる度に、屋台の親父に1本上げ・・・トゥクトゥクの親父に1本上げ、また1本また1本・・・・・・

もしや、これってたどり着く前に、全て身ぐるみはがされるパターンだわッ!!

そう思い、足早に向かったわよ。
着いたマッサージ屋で、うまい棒をプレゼントすると、床にドサーーッと出し、みんなで写メしてたわ。フェイスブックに載せるとか何ンとかで。

今回のタイも楽しい旅だった。ちょっと遊びすぎて疲れたけど、来年はベトナムにしようかしら?
年にやっぱ3回は海外旅行したいわよね・・・セレブだから、時間がないのよ!!

んで、帰国して、アタシのiPhoneの通信モードONすると、Lineから日本のタイ人のカレから100通以上のメッセージが・・・
内容は「泣きマーク」や「怒りマーク」のラッシュ!!
通常「ポーーン!!」という音で、メッセージを知らせてくれるんだけど。そのときは中島みゆきさんの「うらみ・ます」が流れたわ。怖すぎ(´;ω;`)

その1「パタヤ行ってきました。」
その3「パタヤのゲイサウナ、SUNSUK SAUNA」

コメント