パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


iPhone5が今月9月12日に発表だそうよ。一方、中国では...


こんばんは、服やバックのブランド物の価格設定にどうも納得いかないゆめみしでございます。アタシはセレブ!!

どうも今月9月12日の水曜にiPhone5が正式に発表されるそうです。
相変わらずアップルはイベントを水曜に当てるのが好きみたいね。5出たらauに戻そっと。

それはそうと、世間がiPhone5の部品の一部が流出したとか、コンセプト画像が流出したとか、噂の噂が流出したとか、ほんのわずかな情報ですら鬼の首を獲ったかのように騒ぎ立てている昨今!!
その流出ネタを元に、Appleより先にiPhone5のデザインを完全コピーして、既に販売してる会社が実は中国にあって。
その会社が作ったiPhoneもどきの名は「GooPhone」

しかも、その会社の言いぶんが
「本物のiPhone 5を中国で発売したらアップルを訴えてやる!!」

だって...

つまり、iPhone5的なデザインに関しては、本家Appleより自分のが先に出してるから、あくまでもデザイン面は自分とこがオリジナルであって、Appleがパクリとかすごい発想なんだけど。その会社はそれでデザイン料ガッポリ計画で鼻息荒くしてるみたい。
これって中国国内のApple製品を心待ちにしてるユーザーからも、袋叩きに会うような気もするんだけど...Appleも最近、げんなりよね。
ま、ほんとに提訴して、例の身内裁判でまかり間違って勝訴、Appleがデザイン料を支払う...なんて事になったら、さすがに撤退も考えるでしょうね。

ビジネスは信用が第一。
あまりヤカると、そのうち国単位で断絶される勢い。
たしかGoogleも見切りつけてなかったかしら??

ソース
http://www.gizmodo.jp/2012/09/iphone_5_28.html

でもこれで、本物のiPhoneが実際発表されて、全然デザイン違ったりしたら、マジウケル〜♪ キャハッwww


コメント