パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


宝塚宙組公園『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』


こんばんは、サノバ・ビッチでございます。
本日は、宝塚宙組公園『銀河英雄伝説』を観劇して参りました。この作品は凰稀かなめさんのトップお披露目公演です。
内容は小説・アニメでお馴染みのSF。銀河がどーした、宇宙歴があーした、連合軍がそーした、と宝塚の客の大半を占めるおばーさんには理解不能なヲタク仕様。
戦闘シーンでは重低音を効かせた爆発音が爆音で鳴るもんだから、おじーさんのペースメーカー誤作動しまくりの派手な演出。
うんちくがたまに寒く感じるので、一本の大作にしないで、抽象的なショー仕立ての1時間モンとかでも良かったんじゃないかしら? ......って思うのはアタシだけかしら??

とまぁいきなり辛口なんだけど。もともと好きだった凰稀かなめさんのお披露目とあって、それはそれで、十分楽しい作品だったわ。やっぱり、かなめさんはカッコ良いわね。
しかし、相変わらずタカハナコンビ以降の宙組の安定感の無さはまだ続きそうな感じはしたわ。100周年への微調整のしわ寄せを、全て宙組だけでまかなってる感じ。宙組のトップは大和悠河さん意外、全員よその組から来た人だし。将来トップになるであろう人は組替えや卒業したりと...
でも、かなめさんは安定の100周年トップとなることでしょう。多分。
今回の作品のかなめさんのスタイルは、どことなくベルばらのオスカルを彷彿させる感じで。パッと見ぃはまさに涼風真世さんのオスカルを思わせたわ。本人も絶対そのつもりだったと思うんだけど、涼風真世オスカルの独特な青タンメイクも、ほんの少ししてたし。
歌は涼風さんと比べると、ちょっとアレだけど声はパックの声がずっと続いてる感じ。でもやっぱりアクア5やってただけに、ミュージカル声というよりポップス声って感覚で聴くと、ぜんぜんイケテタわ。

そして今回、ちょっとビックリしたのが、アタシが以前から「彼女が男だったら絶対ヤッてた」と思ってたモンチこと星吹彩翔(ほしぶきあやと)さん。彼女はちいちゃくてモンチッチ顔。

星吹彩翔(ほしぶきあやと)さん

彼女の歌って、あんまし聴いたこと無かったんだけど、今回はソロで歌いまくってはったわ。それがめちゃくちゃ上手いのよ。なんか意外、っていうか、ノンケになりそうだったわ......ペニバンでイケルかもね......



そして、アタシのもう一人の好きな人。純矢ちとせさん。
彼女の演技、歌と大好きなんだけど、ダンスや立ち振る舞いがすごくステキ。
とにかく、アタシ同様、品格がすごいあるのよね。アタシ同様!!
ああぁぁ肛門痛いわ・・・

今回の作品は重要な登場人物が多くって。わりと皆均等に見せ場があるんで。普段、あんまし出てこないご贔屓さんの歌やセリフが聞けて楽しい作品だったわ。


コメント