パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


宝塚星組公演『めぐり会いは再び2nd』『宝塚ジャポニズム』『エトワール ド タカラヅカ』


こんばんは、パルプンテ鈴木でございます。
本日は宝塚星組公演『めぐり会いは再び2nd』『宝塚ジャポニズム』『エトワール ド タカラヅカ』を観劇してまいりました。久々の3本勃てよ♪

今回のアタシの目的は『宝塚ジャポニズム』にご出演の松本悠里さんよ♪
基本、和物が好きなアタシは松本悠里さんは必ずチェックしてます。
あの独特な和の恐怖感がたまらないのよ。古き良きジャパンホラーの原点、髪の毛の伸びる松本悠里。
アタシ日本舞踊とか全然詳しくないので、ぶっちゃけ名取りである、彼女なんだけど、上手いのかどうなのか解りません。
まあ、でも、彼女の舞を映画フィルムで撮影して、その全てのカットが浮世絵のような完璧な構図になってそうな感じがするような感じ。
それよりやはり大御所の貫禄が妖艶に舞台を染める感じが好きだわ。

毎回、本公演での松本悠里さんは、希少価値を高める為か、わずかだけ舞って、奈落へ消えると速攻着替えて家に帰ってたんだけど。今回は露出度が多く、何度も登場してたわ。特に和物というより、弥勒菩薩(みろくぼさつ)のシーンでは、仏教色強い独特な踊りを披露してました。
春日野八千代さんが今年亡くなられて、松本悠里さんが、タカラジェンヌでは最高齢となってしまったわけなんだけど、多分70は超えてらっしゃるのかと・・・
それでいて本公演の全日程をこなすとか、かなり精力的に活動されてるようです。

ほんとに70超えてンのかと、一応ウィキペディアを見てみると

神奈川県鎌倉市出身。1956年、宝塚音楽学校に入学。1957年に初舞台を踏む。44期生。
と、書かれてたんだけど。
44期生? 20歳で初舞台として、プラス44で64歳?
ん? でも1957年初舞台って書いてあるから2012-1957=55期生
それだと18で初舞台としても73歳じゃんよ。

さすが妖艶な松本悠里さま。ウィキペディアでも平気でバレバレなサバ読むなんて、やっぱりただ者ではないわね!!
実は800歳とか言われてもそんな感じもするし。家路へ帰る際は、わずかに宙に浮きながらスーっと花の道を移動し、途中づか乙女の抹茶味を購入。再び滑るように移動し、清荒神の鳥居の下でスーっと消える・・・ってイメージ。
怖い(´;ω;`)


お人形さんみたいな松本悠里さんの今回のスチール。

今思うと四つ切り予約しときゃよかったわ。今度キャトルで注文しなくっちゃ。



コメント