パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


【変態】スズメバチの巣をオナホールにした男性→全身を刺されて死亡


 こんばんは、エビオス錠、プラス最近亜鉛も飲み出して、心なしか二発目も大量発射が可能になったような気がするような気がする、ヲナニストゆめみしでございます。いやマジで。

 最近、ニュースネタが多いんだけど、アタシの私生活はこれといってエピソードも無く、マンネリしてるんで、今回もニュースネタよ。

世界にはアタシでも太刀打ち出来ない横綱級の変態さんがいらっしゃるようで。今回もその一人。





スウェーデンの35歳男性が、スズメバチの巣で自慰行為をした後、スズメバチに全身を刺されて死亡した。地元紙の報道によると、同国南端の都市イースタッドで13日昼、35歳男性が自身所有の牧場で倒れ、発見後約1時間で亡くなった。
警察の調べによると、遺体の近くにスズメバチの巣があり、巣の中に男性の陰毛が残っていた。さらに死んだスズメバチの上に男性の精液がかかっていたことから、男性は自分のペニスを巣に挿入し、自慰行為をしたとみられる。
巣の壁面には男性の両手の指紋も残っていた。
検視の結果、男性は体中に、スズメバチによる146カ所の刺し傷があり、うち54カ所が性器に集中していた。
発見時には体が膨れ上がり、本人と分かる状態ではなかったという。男性を発見した近所の住民は
「芝生の上にクジラの死体があるのかと思った。首に天使のタトゥーが見えたので、彼だと分かった。
自慰行為で巣を使うなんて、ひどいアイデアだ」と話した。

だって・・・ゴク。
ほんと凄いわよね。何が凄いかって、しっかり射精してるのがすごいわ。
アタシも案外、穴があったらとりあえず突っ込みたくなる性格なんだけど。それでもせいぜい ソファーの背もたれの隙間や、寝袋を丸めて専用の袋にしまい込んで入れ物の袋のヒモをキュっと引っ張って口を縛った、そのキュっとなった部分くらいのもんだわ。
それに死体の状況が「芝生の上にクジラの死体があるかと思った」って絵ズラもすごい。

世界の変態さんは死を持って成し遂げる強者どもよね。アタシの完敗よ。


コメント