パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


ペルシャ湾岸諸国、外国人観光客に対して同性愛者テストを行い陽性者は入国禁止。




こんばんは、いくよくるよです。

ペルシャ湾岸諸国は観光客全員に対し、「同性愛者医療テスト」を義務付ける構え。
テストで陽性反応が出た外国人に対しては入国が禁止される。デイリー・メール紙はクウェート政府の役員の匿名情報として伝えた。クウェートで同性愛医療テストの開発が行われる。
クウェートのミンドカル保健相は、特別健康センターは外国人入国者の計画医療チェックをすでに導入していることを明らかにし、ゲイと判明した人に対しては厳しい措置をとると語った。
 現在、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦などのペルシャ湾岸国では同性愛は禁じられている。
 イラン、サウジアラビア、スーダン、イエメン、 モーリタニアでは同性愛者に対しては最高で死刑を含む厳罰が加えられている。
http://japanese.ruvr.ru/2013_10_09/122578585/

郷に入れば郷に従え。宗教的な理由だろうから仕方ないといえば仕方ないんだけど、ちょと厳しいわよね。つまりアタシは一生ペルシャ湾沿岸の国へ旅行することはできなくなったわけだけど。それ以前に治安がちょっと危ない感じなんで、まぁ行くことは無いわね。
以前、日本でも、民族的な理由の入れ墨を入れた外国人が日本の温泉施設に入館できなかったのと同じじゃないかしら。

万が一、会社の慰安旅行とか団体で行くことになって。入国審査のところで・・・

同僚「あれ?織田さんだけどうして入国できないの?」

織田「みんな・・・実は今まで黙ってたけど・・・
   それはアタシが同性愛者だからなのよおおおおおッ!!!(泣)」

同僚「知ってた」「知ってた」「知ってた」

ということも起こりかねないのよね。これだとバレーボールやラグビーやレスリングなんかの国際試合とかは!?と、心配するカミングアウトしてないスポーツ選手は腐るほどいるだろうけど。一応公式では「観光客に対して」ってことみたいだから、選手やビジネス、政治的理由なんかで入国する人は関係無いのかもね。だから美川憲一とかも中東でコンサートとか出来るってわけよ。それじゃないと、スポーツ種目によっちゃ選手のほとんどが出場できないとかありえるわよね・・・ごく。

それより気になるのが、そのテスト方法。普段海外へ旅行へ行ったときのような、簡単なマークシート的な入国審査や税関の審査みたいなのだったら、ほとんど意味ないと思うから。どうあがいてもバレてしまうような画期的な方法がとられるのかも。

複数のイケメン警備員が個室で、乳首をなめ回し、アナルに舌出したり入れたり。亀頭攻めからシックスナインへ移り。最終的にバックオーライでブッカケ祭り。それでも反応無しなら入国可とかだったら、完全にアタシ、アウトだわ。







コメント