パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


宝塚星組『日のあたる方へ』


こんばんは、水夏希です。
本日は久々のシアター・ドラマシティー公演へ観劇してまいりました。作品は星組の真風涼帆さん主演の『日のあたる方へ』です。
内容は『ジキルハイド』の話しなんだけど、タイトルが相変わらず宝塚的なんで。アタシ、始めは全然見る気しなかったわ。



権利の関係なのか知らないんだけど。宝塚の作品タイトルって、もひとつ観劇意欲をかき立てる要素が薄い気がするのよね。そのまんま『ジキル・ハイド』とかだとダメなのかしら? まぁタイトルのダサさも宝塚らしさなのかもしれないわね。
以前バウでやってたミュージカルのタイトルなんて『オネーギン -あるダンディの肖像-』だからね。平成のこの世にダンディーよ・・・厳密にはダンディーじゃなくダンディね。

それより、ドラマシティーの座席ってこんなに狭かったかしら。ずっと宝塚大劇場だったので、狭くて途中「ああああああああ!!」ってなりかけたわ。エコノミー症候群の一歩手前でタイミング良く休憩が入ったから良かったものの。思わず靴脱いで前の席に足乗せる勢いだったわね。

話しの内容は前半睡かったんだけど、後半は食い入るように見たわ。噂では水夏希さんの会の人が真風さんに流れた?とか何ンとか知らないンだけど。若いのに凄い良かったわ。
途中、多重人格が入れ替わり立ち替わりして、一樹千尋さんの首を絞めたり絞めなかったりやっぱり絞めたりゆるめたり再び絞めたりほぐしたりしてたとき、一樹さんが「ぐえ!!はぁ〜〜・・・うえッ!!ふぅ〜〜・・・キュッ!!ぶはああ・・・」となってたとこでちょっと吹いたわ。
それより、その一樹千尋さんなんだけど。


なんか最近ますます、みのもんた化してる気がするわ。かなりかっこいい。
以前、女装してたときなんて、まるで魔女。



コメント