パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


宝塚雪組公演『Shall we ダンス?』『CONGRATULATIONS宝塚!!』


こんばんは。ヲナ禁2日目に突入した渡辺えり子です。
本日は宝塚雪組公演『Shall we ダンス?』『CONGRATULATIONS宝塚!!』を観劇してまいりました。
最近の宝塚は娘トップの扱いが雑な感じがするんだけど、こんなもんなのかしら?
どうも花ちゃん世代にとっては不思議な感覚になるわ。
と言うのも、ヒロイン役は男二番手の早霧せいなさん。女装よ。

男役が女装をするとタイのオカマみたくなるのがほとんど。早霧せいなさんは凄くカッコイイ顔立ちなので、例外なく同じくタイカマになると思いきや。それが無茶苦茶美人。まぁある意味それがタイカマ的な感じでもあるんだけど、とにかく役にハマってたわ。
カッコイイ男役さんが女装をして、意外と胸があったりすると、ちょっとカルチャーショックを感じるわよね。大和悠河さんがそうだったわ。デカ過ぎ。

女装してもセリフのキーや発声法は同じなので、ちょっと違和感があったけど、どことなく陰のある役だったので、それもまたマッチングしてたわ。

映画の『Shall we ダンス?』は見たことあるんだけど、すっかり内容は忘れてしまってて。
ストーリーは今回の舞台を見て、ほとんど始めて知った感で見たわ。とにかく面白くて最初から最後まで笑いっぱなし。
笑いで涙が出るほどだったわね。まぁ笑いのほとんどは映画で竹中直人さんが演じてた冴えないサラリーマン役の夢乃聖夏さん。
どぎつい演技の渡辺えり子さん役が大湖せしるさんと。周りが個性で溢れてるもんだから、真面目役の壮一帆さんは影が薄くなりがちなんだけど、それはそれでメリハリがあって、逆に良い感じだったわ。歌上手いし、アタシは大好きなジェンヌさんだわ。

二部のショーでは壮一帆さんの女装も見れて。こちらもタイカマにならなくてかわいかったわ。
久々眠くならない舞台に感動しました。


コメント