パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


『中国人2人 VS 日本人1人』つい先日、3Pしました。


こんばんは! ビッチだおッ!!
本日は3Pの話題よ!!

アタクシのセクフレの1人に中国の方がいらっしゃるんだけど。ある日いつものようにパコパコしておりますと「今度、友達連れて来て良いアルカ?」
と言われたので。これは3Pのチャンスとばかりに、即OKしました。

今までは、成り行きでなんとなく3P的な流れになったりとか。タイのパタヤでは客アタシ一人のサウナで従業員3人に犯そわれて、嬉しい悲鳴を上げたりとかはあったんだけど。改まって本格的な3Pは多分始めて・・・たぶん♪



ドキドキしながら待ってると、中国人2人がやって来ました。
おぼこ可愛い系の子だったわ。
フフフ・・・中国人2人で日本人1人をいたぶろうって寸法なのね・・・
仕方ないわね、大和魂見せてやるわよッ!!

話を訊くと、どうもネコらしくって。いつもの中国人はタチで、アタシはリバ。
・・・ってことは? つまり・・・ほほほ〜ん!!

「もしかしてアタシ真ん中ってこと!?
アタシ真ん中ってことなのッ!?」

と、叫んだわよ。
そんでもって、その後、上になり下になりで、XTubeでしか見たことないような、あんなことこんなことやったわ。1本を2人で舐めるとかやると「アイヤアアアアっ!!」とか言ってはったし。

そしてアタシが新ネコにブッ込み「尖閣ううううううっ!!!!」と叫び。
後ろからおタチの中国人が負けじと「釣魚島(ちょぎょとう)オオオオオオオオオオっ!!!!」と、アタシ目がけブッ込み。

「尖閣うううううううううううッ!!!!」
「釣魚島オオオオオオオオオオっ!!!!」
「尖閣うううううううううううッ!!!!」
「釣魚島オオオオオオオオオオっ!!!!」
「尖閣うううううううううううッ!!!!」
「釣魚島オオオオオオオオオオっ!!!!」
「尖閣うううううううううううッ!!!!」
「釣魚島オオオオオオオオオオっ!!!!」
「尖閣うううううううううううッ!!!!」
「釣魚島オオオオオオオオオオっ!!!!」

とまぁ、ベッドの上で国際紛争が起こり、そのまま終了。
結果から言うと、3Pってあんまし良くなかったわ。2Pも3Pも何故か気持ち良さは同じ感じでした。アタシも年なのかこんな激しいのより、ゆっくり獅子脅しの音色か何ンかでやった方が良いのかも。


コメント