パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


来年の東宝版エリザベート配役ダブル花ちゃんに決定


こんばんは、乱交太郎です。
てかお久しぶりなのよね。なぜ久しぶりなのかというと、リアル仕事が忙しいプラスClicker Heroesってフラッシュゲームにハマってたからよ。
本日、久々の話題は東宝版エリザベートの配役が決まったことよ。

エリザベート役は、花總まりさんと蘭乃はなさんのダブルキャストよ!!!!

世間はどうか知らないけど、アタシの予想通り。個人的に最も夢のコラボよ。




花總まりさんは、エリザベート日本初演の皇后役。蘭乃はなさんは、その花ちゃんに憧れて宝塚に入った、生粋の花ヲタ。
ダブルキャストなので二人が舞台で交わることはないだろうけど。これで仕事もプライベートもどんどん交流があると思うので。多分、蘭乃はなさんは替えのパンティーが常に必要なくらい湿度が上がると思うわ。
それどころか、若干、蘭ちゃんは花ちゃんを、演技、歌唱で抜きつつあるようなコメントもチラホラ見かけるまでにも・・・
それに実際、宝塚版エリザベートの蘭乃はなさんの演技を見た花總さんは、すごすぎて号泣したそうよ。それから更に花ちゃんは蘭ちゃんのファンになったとか・・・
蘭ちゃんは花ちゃんが好き、花ちゃんは蘭ちゃんが好き・・・なによッ!! そしてなにさッ!!!!

しかしアタシは、花總まりさんの「ただいるだけで凄まじいオーラ感」の域まではまだまだよッ!!
って思ってるわ。

東宝版エリザベートの配役は昔から一風変わったチョイスがあったんだけど。今回のは全体的に若い配役。フランツなんて今までおっさんがやってたのに、今回は若イケメン。
そして気になるのがゾフィー役。
アタシの周りでは「それは無い」って言われるんだけど、一路真輝さんがありえそうじゃないかしら?
もしそれが叶ったら、これ以上のエリザベートがかつてあっただろうか!!
これやっちゃうと、今後の東宝エリザのハードルは完全天井。誰もやらなくなるし、誰も観なくなりそうだわ。
でも小池は一路さんにゾフィーの話は絶対してるはず。
アタシの予想は、一路さん未来優希さんのダブルゾフィーと見てるんだけど。その時期、未来さんは別の仕事してるとかどうとか・・・


上写真が花總まりさん(ガラ・コンサート)後ろで威圧するのが一路真輝さんよ。
ぶっちゃけ花總さんは宝塚退団後の貴重な30代を、要らぬことに時間を費やしてしまったんで、現在41歳(´;ω;`)
それに対して、蘭乃はなさんは多分28かそこら。
すごい歳の差ダブルキャストではあるんだけど、全く問題なし。花ちゃんアタシ同様、永遠のSEXY ZONEに達したみたい。


こちらが蘭乃はなさんのエリザ姿。彼女の双子の妹もタカラジェンヌなので、体調が悪い時は、妹のすみれ乃麗に隠密に仕事を変わってもらえる特典付き。
噂では蘭乃はなさんは、一路さんと同じ、東宝芸能に入るとかいわれてるわ。しかも妹のすみれ乃麗さんも・・・
ここで再びアタシの未来予想なんだけど。絶対これモスラくるわ。
どう考えても、ザ・ピーナッツの再来。小美人として、モスラの歌はおろか、コンビでCDデビューもありえるわ。もしそうなったら、まさに願ったり叶ったり。
今後が死ぬほど楽しみでございます。

エリザベート、大阪に来い。


コメント