パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


皆様、一般公共施設でのハッテン行為は止めましょう。


こんばんは。万葉倶楽部、全店舗、出入り禁止となったゆめみしでございます。
本日は一般のノンケ用銭湯でのホモのハッテン迷惑行為に関することよ。

昔は公衆トイレの落書きや敷居の破損といった、目に余るゲイの行為が、余計に自分たちの立場を隅へ追いやってたときもあったんだけど。最近はそういうのは見かけないわね。
それでも、トイレでは小便器の占拠や、チラ見行為は多いみたいで。本場タイでは、ほとんど24時間体制で掃除のオバハンを配置するなどして、対策をとってるみたい。




そんなゲイ事情なんだけど。銭湯も同じで。アタシもぶっちゃけ、普通の銭湯でそのような行為にハッテンしたことはあるわ。てかアタシの場合、今更そんなこと言われても・・・って感じよね。

中には、あまりのゲイの多さで、ゲイのお客様を無下にできず、半ばゲイ専用のハッテン場と化してる銭湯なんかもあるんだけど。そんな銭湯とゲイとの格闘のシーンをご覧あれ!!




がんこな汚れwwwwwwwwwwwww



これは怖いわね。実際アタシの知り合いもホモ狩りにあったわ。
向こうからプッシュしておいて手を出したら、狩られるわけだから、ハンターがイケメンだったら、ホイホイ引っかかりそう。
そのような行為に注意を促してくれる池袋警察ってステキだわ♡



ブランド物とか関係あるのかしら・・・



マジで時間帯によっては、6割近い人がゲイとか某巨大温泉施設なんかもあるんで、見るだけならともかく、アタシみたいに岩盤浴の所で

「さぁ!!突きなさいッ!!突くのよッ!!!!」プルプル

と叫ぶような行為は止めましょう。



コメント