大谷翔平、同僚にロックオンされる。

こんばんはカーリング男子に廻されたいゆめみしでございます。
本日はアタシが昔から目を付けてた大谷翔平選手の話題よ♫

アメリカの大リーグへ言っちゃった大谷選手なんだけど、早速あちらの選手にロックオンされたみたいです。

https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/966046/

【トラウマ映画】疫病犬と呼ばれて



こんばんは。杉浦たかあきです。
本日は久しぶりの映画レビューよ♪
タイトルは『疫病犬と呼ばれて』原題は『The Plague Dogs』
1982年公開のイギリスアニメで、原作はリチャード・アダムスとかいう人。有名どころでは『ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち』なんだけど、これは私は見たことないわ。児童用小説なんだけど、アニメ版は目玉飛び出し内臓飛び散りだそうよ( ̄▽ ̄;)

『疫病犬と呼ばれて』もうさぎ同様問題作で、日本では小説は売れたみたいだけど、映画アニメはほとんど無名みたい。昔、チラッと冒頭だけ観て、若干トラウマ入ったんで、気になっちゃって、輸入版をお取り寄せしちゃったわ。ちなみに、海外からの発送で1350円程度。(※注意:PAL方式DVDは日本のDVDプレーヤーでは見れないです)

以下ネタバレ↓





まず、とある動物実験場で強制的にプールで犬を溺れさすシーンから始まります。

「はい、トラウマ入りま〜す♪」


ついに力尽き沈みゆく実験用の犬。


その後蘇生される・・・という実験。何ンの実験なのかは知らないけど、この犬はこれの繰り返しみたい。
一応テーマとして、無意味な動物実験に対する批判的な内容みたいだけど、どこぞの金儲け目当ての動物愛護とは、ちょっと違うみたい。

ネタバレ↓

この溺れ実験の犬『ローフ』と、頭を開かれ外科手術を繰り返していた犬『スニッター』は実験室から脱走。その後空腹のあまり家畜の羊を殺し猟師から狙われることに。
その際間違って銃が暴発し、人間が死んでしまったりと不幸が続き、しまいには2匹は疫病に感染してると噂まで流れ、ついには軍隊に追われる身に・・・


このアニメはヨーロッパアニメらしく、芸術性の高いアニメーションです。日本にはあまりない感覚よね。


実験場では生き絶える動物の姿も。
昔、海外で、生きている豚に火炎放射器を当てるとどうなるか? というよくわからない実験映像を見た事があるような無いような、もしかしたら夢だったかも? みたいな映像を見たような気がするんだけど。昔はそんな意味不明な動物実験が多かったんでしょう。


施設を逃げ出す2匹。


ちょっぴりしたうっかりミスで人間を殺しちゃうスニッター。
「ちょっとやりすぎちゃったワン! てへっ♪」


途中、友達になった狐も猟犬に殺されちゃいます。


最後は軍に追われ、ヘリコプターまで出動する騒ぎ。海へ追い込まれた2匹は、意を決して海へ逃げます。溺れる実験を繰り返していたローフは水に入るのをちゅうちょするが、彼も意を決して、海へと飛び込む。
海でも銃弾やヘリで追われるが、天は彼らを味方し、すぐに濃い霧が立ち込め、彼らの姿は海の彼方へと消えて無くなる。


ここからが私の第二弾のトラウマシーン。
霧の中、新たな楽園を求めて2匹はひたすら海を沖へと泳いでいくシーン。


このまま完全に霧に消え、映画は終わるんだけど、どう考えてもこの2匹はその後死んだんでしょう。
ハリウッドアニメなら、彼らの強靭な肉体で大西洋を泳ぎきりアメリカへ上陸。たまたまその場に居合わせたパリスヒルトンに拾われ、幸せに暮らすんでしょうけど。
こんな曖昧な終わり方はヨーロッパ独特よね。これってずっと後を引きずるタイプなのよ。

↓注意:下のアマゾンの商品は輸入物DVDです。リージョンは同じ2ですがPAL方式のため日本のプレーヤーでは再生できません。PCでの再生は可能のようです。アタシのMACではできた。


コメント

  1. お久しぶりです
    そらゆきです
    最後のパリスヒルトンのところで爆笑してしまいました

    ところでゆめみしさんは帝劇エリザは観劇されましたか?
    僕は補助席抽選に賭ける予定です

    返信削除
    返信
    1. お久しゅう。
      帝国エリザは諦めました。関西に来ることをひたすら祈るのみ。
      今回はガラっと内容が変わったらしいわね。すごく気になるわ。

      削除

コメントを投稿