パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


床ヲナの恐怖。今やってる人はただちにヤメなさい。



こんばんは、スパイシー丸山です。
本日はタイトル通り。以前にも少し触れたことがあるんだけど、床ヲナのお話よ。
床ヲナとは、ベッドやフローリングなどに息子スティックを強く擦り付けて、そのまま手を使わずに逝っちゃう、自慰行為のことです。

それでなんでこんな話になったかというと。先日セクフレのフィリピン人に会ったんだけど。




前々から気になってたんだけど、その彼の息子スティックがどうも床ヲナの被害を受けてる疑いがあるのよね。
んで、実際訊いてみると。


「そうだよ〜、なぜ分かる!!」

とのこと。
本人は、子供の頃に床ヲナを覚えてしまい、もうそれ以外では射精できなくなってしまってるようです。実際、そん時も最終アタシを床にして逝ってはったわ。何よ!!そして何さッ!!

んで、なぜ分かったかというと。まず見た目に裏筋が表筋に比べて黒ずんでおり、皮も余り気味。そして、大きくなると上反りの形(まぁ形は理想なのだが)とにかく芯が無いのよ。これは致命的すぎるわ。
そんな柔らかい息子スティックを、アタシのマジカルスティックにグリグリと強く擦り付けてくるわけで「イタイイタイ!!」とか言ってる間に、本人だけ終了しちゃうのよね。

床ヲナの何がいけないのかって、見た目的にも十分ダメなのは分かるんだけど。
それよりも、床ヲナの方が、通常手でやるよりも刺激が強く、普通のセックスでは勃起不全になるそうよ。つまり普通のノンケさんだと不妊症や彼女を満足させれなくなるみたい。

解決策としてローションを付けて手でゆっくりやる練習をするとか、テンガなどを使うとかいうらしいんだけど。床ヲナ地獄にハマった人はなかなか抜けれないのが現実見たいね。

刺激が強過ぎると、通常のセックスにう支障が出る。

とのことなんだけど。アタシ、電マを購入しようか迷ってるのよ。
でもあれって相当な刺激があるわよね。やっぱやめとこうかしら。今ですら毎日2〜3回の手ヲナのせで、なかなかイカない体質になってるのに…


コメント

  1. Great blog!!

    If you like, come back and visit mine:
    http://albumdeestampillas.blogspot.com

    Thanks,
    Pablo from Argentina

    返信削除

コメントを投稿