パラグアイサッカー会長と選手のベッド写真流出

パラグアイ2部のルビオ・ニュというクラブで、前代未聞のスキャンダルが発覚した。会長と選手の「特別な関係」が明らかになり、波紋を広げている。

物語の主役は、同クラブの会長であるアントニオ・ゴンサレス氏と、所属選手のベルナルド・カバジェロだ。ゴンサレス会長がカバジェロに腕枕をされて寝ている写真が流出して大きな騒動となっている。

 ゴンサレス会長は『オイ・パラグアイ』に対して、「正直に言う。ベルナルド・カバジェロは私にとって特別な人だった。ああ、私のパートナーだった。そして彼は全ての特権を楽しんだ。メルセデスベンツ、ランドクルーザーといった車を運転した」とコメント。“パートナー”に対する感情と、選手と会長以上の扱いを認めている。

 そして同会長は、「彼は突然、移籍を求めてきた。それは彼が狂った人間に出会ったからだ」と関係の終わりについて語った。
 「狂った人間」とは、カバジェロの代理人だとされている。ゴンサレス会長は自身のフェイスブックに2つの動画を投稿して、バレンティンと呼ぶその代理人に怒りをぶつけている。

 ゴンサレス会長は、契約書を手にしてカバジェロがまだルビオ・ニュの選手であると主張した。
 一方で代理人側は地元ラジオに対して、「彼は決して会長の精神的な面でのパートナーではなかった」とコメント。パラグアイでは、立場を利用して選手に性的関係を強要したのではないかとして、ゴンサレス会長に非難が集まっているとのことだ。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255409-footballc-socc 


今回のタイ旅行は友達と二人で行ってまいりました。


こんばんは、ゴッチャカパンです。
今年もタイへ行ってまいりました。毎度、ひとり旅のアタシだったんだけど、今回は友達を誘って二人で行ってきたのよ〜♪
ちなみに恋人とかそんなんじゃありませんので、全国のアタシのファンの殿方はやきもきしなくても大丈夫なのよ〜♪

しかし、このお友達(もちろんゲイ)なんだけど、海外はお初だそうで、その初海外がアタシのエロエロ体液搾りとりタイ旅行プランに同行するわけだから、劇ハマりするか劇トラウマ入るかのどっちか極端になりそうよね。アタシも日本から友達を連れての旅行は実はほぼ初めてなので、また違った雰囲気を体験できるかと、楽しみにしてました。




いつものコースでパタヤ行ってバンコク行って、なんだけど。全日程にゲイサウナ、ゲイマッサージ、ゴーゴー、クラブと、力の限り遊びまくりなので、アタシは毎日アリナミンとエビオスと亜鉛と大正漢方胃腸薬で体調を完璧にしてました。

そしてパタヤではSANSUK SAUNAへ当然のように行ったんだけど。そのトコロテンの友達は、日本の飾りっ気のない殺風景なビジネスホテルみたいなアホみたいな臭っさいゲイサウナと比べて、同じゲイサウナとは思えないリゾートな雰囲気にテンションは上がりまくっていたわ。

とりあえず、何もかもが初めてで不安だったみたいで、中を案内してほしいとのこと。SANSUKを知り尽くしたアタシはいろいろと説明しながら廻ったわけ。

ここがスチームサウナ、ここがジム、ここにジャグジーがあって、ここがダークルームでやり部屋になってるのよ・・・てな感じで、一通り館内を廻って、とりあえず別行動することに・・・

トコロテン「えっと・・・ここがダークルームやんね・・・」

アタシ「そうよ」

トコロテン「うわ!! すごい暗い!! 何も見えない!!」

アタシ「こっちは日本より暗いから気をつけてね」

トコロテン「じゃぁとりあえず行ってくるね!!」

アタシ「いってら」

ダークルーム入り口 ガチャ…バタン!!
パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパ

トコロテン「カムカムカーーーム!!カミングスーーーーーーーーーーン!!!!」

ドロドロ…

トコロテン「あーきもちよかった!!」

早ッ!!

アタシは一度逝っちゃうと賢者タイムが半日続くので出し惜しみしてたんだけど、トコロテンはどうも覚醒しちゃったみたい。
その後も、アタシはプールサイドのベンチでトロピカルなドリンクを飲んでくつろいでる間も、前を行ったり来たりしてはったわ。しかも心なしか通るたんびにやつれていってる気が…(´Д`;)

アタシも負けじとウロウロし出すんだけど。どうも売れないのよね。
妥協して現地タイ人のわりかしゴツめの子を捕まえたんだけど、とにかく小さかったわ。何が小さいってナニが小さいのよ。
その親指姫みたいなのをとりあえず咥えたンだけど。咥えてモノの数十秒でお口の中にパクチーのような春が広がったのよ。

うへ!! 早すぎぃ!! てか口の中で出すなよ!!

速攻でトイレにあったリステリンで死ぬほどうがいしたわ。どうも鼻息が荒いと思ったら、そうゆうことだったのね!!

その後アタシはイカセ屋みたいになって結局、自身はシラフのままその日を終えたわ。
一方トコロテンの方は、充実したみたいで、晩御飯のレストランまでの道のりは軽くガニ股で常時半笑い。
しかも香港の旅行者とも友達になったみたい。
でもよかったわ、満足してくれて。

その後、アタシの元愛人のいるマッサージ店へ行ったんだけど。そこでも、トコロテンを担当した子と連絡をとり合って、今も何か怪しい関係みたい…

ちなみにその間アタシは元愛人と結局ヤッタわ。そしてお小遣い←これ重要。
サウナでは不発だったから、その分奮発しちゃったわよ。しかし個室じゃなかったから、だいぶアブノーマルな感じになっちゃったけど。

それはそうと話し変わって、今回の旅行ですごかったのが。パタヤでの初日のソンテウって乗り合いバスがあるんだけど。そこにたまたま居合わせたおっさん(白人)と目が合ってお互いニコニコ。結局そのおっさんもアタシたちもボーイズタウンで降りたので、まぁそのおっさんもゲイだったのよね。
その次の日がサウナだったんだけど、トコロテンが言うには「昨日のおっさんがいたよ」とのこと。まぁゲイがパタヤで行くとこはだいたい決まってるから、全然ありえることだけど。それから数日してバンコクのゲイクラブ(DJステーション)へ行ったんだけど。なななんと、パタヤのおっさんと会ったわ。
その時はさすがに一緒に遊んですごい楽しい思い出になったわ。あと20年若かったらヤッてたのに!! みたいな感じで、次また会ったりしたら運命を感じちゃうわよね。
でも話し聞いたらタイ在住みたい。いいわね、余生をタイで暮らすなんて。


コメント