大谷翔平、同僚にロックオンされる。

こんばんはカーリング男子に廻されたいゆめみしでございます。
本日はアタシが昔から目を付けてた大谷翔平選手の話題よ♫

アメリカの大リーグへ言っちゃった大谷選手なんだけど、早速あちらの選手にロックオンされたみたいです。

https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/966046/

タイ旅行2011 その3 ハッテンサウナ「Chakran」

つい先日、道ばたで新入社員とその上司が良い感じでお酒も入り、二人でしゃべってました。

上司
「・・・それでその店にはおニャン子みたいな子がいるのかな〜〜 うへへ。」

新人
「・・・あはは・・・そうっスね〜〜・・・
・・・・・・すみません、おニャン子が分からないっスーーー・・・。」

なんだか年の差を感じたわ。
なぜこんな話しをしたのかというと、別に意味はなくって、本日はタイ旅行の日記の続きです。
タイ旅行3日目は、とうとうゲイサウナへ行って参りました!!


去年は「バビロン」「サウナヘヴン」と2箇所まわったんだけど、今回は時間がなくって、外人観光客ばかりのバビロンは避け、今まで行ったことのない「Chakran」というサウナへ行ってきました。
読み方は「チャクラン」だと思うんだけど、現地の子には「チャカーン」でしか通じませんでした。
場所はシーロムからだとBTSサラデーン駅からサイアム駅で乗り換え、そこから5つ先のアーリー駅ってとこから徒歩10分程度の場所。
友達と行くならタクシーでも安い距離みたいだけど、バビロンよりは少し離れたとこにあるので、どっちかというと地元密着型サウナって感じ。実際外国人はほとんどいなくって、全員タイ人だったわ。

ホムペこちら→Chakran Sauna


上の写真がChakranサウナです。見ての通り北欧館や24会館といった、日本のハッテンサウナとはあまりにもかけ離れすぎたリゾート感たっぷりの施設です。タイのゲイサウナの全部が全部こんな感じとは言わないまでも、日本では絶対あり得ない創り込み。
たとい売れなくとも満足して帰れるリゾートとなっております。
いや!!アタシはそれじゃ満足できないのよッ!!!!

さすがバビロンほどの規模もなければ、混んでるわけもなく、ただ客のほとんどがタイ人で落ち着いた感じ。アタシは下調べしてから行ったから良かったんだけど、海パンは必須です。もしくは換えのパンツ。
と言うのも、基本館内は下着着用。それでシャワーやジャグジー、サウナなどでイヤでも濡れるわけだし、その都度、その辺のベンチにタオルとパンツを脱いで置いとかなくちゃいけないわけ。その上、ガマン汁やのカウパーやので、ぐしょぐしょになるわけだから、結局は濡れてもOKな海パンがいるのよね。いくらオープンなタイでも全裸でプール泳いでる人も見たことないし。

それでアタシはAussieBumの海パンでこの日を迎えたわけ。もちろんモッコリ末端肥大症のワンダージョックタイプよ!!

館内はさすがキレイでプールわきにはカウンターバーがあってオシャレ。タイのサウナにはほとんど設置されているジムもあったわ。ジム好きよね、タイの人って。
ジモティーには人気があるのか、ロッカーが足りない日もあるみたいで、廊下や階段の渡り廊下、しまいにはトイレや非常口の扉前までもロッカーを設置してました。日本だと完全アウトよね。
最上階の迷路部屋のハッテンゾーンは昔の日本みたいに下品にクーラー効いてて、凍死するかと思うほど寒い。テレビではなぜか日本のCOATのエロビが流されてたわ。モザイクガシガシのやつね。
そして、これもタイのサウナ全体に言えることなんだけど、通常のサウナやスチームサウナなどの高温になってる部屋は真っ暗。鳥目や手羽先腕の人は絶対無理。
アタシも一行に目が慣れることがなく、手探りで室内を歩いてるんだけど、皆も同じで、ゴツゴツと人に当たる。たまにデッカくなっちゃってる男根を暗がりで握ってしまうことも・・・
それよりも音だけを頼りに奥に進んでいくのは良いんだけど、段々と聞こえてくるのはサウナの焼け石の煮える音。どうでも良いけど暗すぎ!! 間違って焼け石に触れたりしたらケロイドになっちゃう!! てか奥で誰か倒れてたりしてもきっと誰も気付かないわ絶対!!
意外とタイのサウナでの死亡事故とか多そうよね・・・

そんな真っ暗なスチームサウナの中で、あっちぶつかりこっちぶつかりしてる間にアタシはサクっと売れたわ・・・
タイの人はマッサージ師も含め、オタチ率が高いのか、まず肛門をほぐしてきます。
しかしスチームの子はすかさずアタシのペニスをしごき上げると、素早くコンドームをかぶせ、グイグイとオケツを押し当てて来ました。
そのまま、真っ暗の中で始まっちゃったんだけど、もちろん明るいとこでその子の顔は確認済み、気配と雰囲気でだいたい分かってるつもりではいたんだけど、やっぱり不安よね。
そうこうしてるうちに更にアタシの乳首を舐め舐めする第3者が!!

ああああ!!  狂ってるッ!!

ていうより熱い!! 熱すぎる!!
スチームの熱さと乱交もどきの熱さで、アタシのペニスは軽く真を無くしてるんだけど、彼のペニスを後ろから握ってるアタシの手に、底知れぬ振動が「ドドドドド!!」と伝わってくると、ドクドクと液が噴き出して来ました。


「オイオイオイオイオイオイ・・・にく
コップンカアアアァァァーーーッッ!!!

その後、アタシを逝かそうとするんだけど、実はこの後予定があったんで彼には悪いんだけど「No thank you」したわ。
そのままサウナの暗室から出て彼を見ると、知らない人だしッ!! みたいな。 乳首攻めてた子がそうだしッ!! みたいな。そんな感じでなかなか良い思いをしたわ。

その後も自慢じゃないんだけど、色々とデキルチャンスはあったんだけど、なんしか今回の旅は時間が無い!! ってことと、この後すぐに隣にあるVClubという高級マッサージ(てかほとんど売り専)に行きたかったってのもあって、あんまし堪能出来なかったわ。残念。
友達と一緒でも楽しめる施設でした。ただ気になるのはロッカーが木製でカギがグラグラなこと。アタシが外国人だからか知らないけど、変な死角部分だったし、ちょっと不安だったわ。他のサウナでは外国人に限らず地元タイ人にもロッカーでの盗難被害があるみたいなので、大金は持ってこない方が良いかもね。




コメント